このコンテストは受付を終了しました

エブリスタ小説大賞2021 ポプラキミノベル小説大賞
「ポプラキミノベル小説大賞」に、たくさんのご応募をありがとうございました。スタートを切ったばかりの新しいジュニア文庫に、多くの方から作品をお寄せいただき、とても光栄に感じています。  本賞では、前レーベル時でも多数の方にデビューしていただいている「ピュアラブ部門」のほかに、小学生・中学生がわくわくするような冒険ファンタジーや、探偵が活躍するミステリーを募集する「ファンタジー・ミステリー部門」を設けさせていただきました。さまざまな物語を、楽しく拝読いたしました。  力作ぞろいで、選考会はたいへん盛り上がりました。とくにピュアラブ部門は、バリエーション豊かな恋愛ものが集まり、百花繚乱の様相でした。その中でも、とりわけ選考員を沸かせた二作を大賞とさせていただきました。  榊あおいさんの『放課後、7番目の教室で。』は、やり場のない恋心を抱えた主人公のキャラクター造形と心情描写がすばらしく、途中、まさかの展開もあり最後まで引き込まれました。  花井有人さんの『溜息でできた煙の火種』は、まるで他人事のように自分たちの恋の謎を解き明かしていくというユニークな設定と、軽妙かつボルテージの高い掛け合いが抜群でした。恋愛、青春、ミステリーといくつもの要素が万華鏡のように輝いていて、いずれの面でもレベルが高く、鮮烈な印象を残しました。  ファンタジー・ミステリー部門からは、花千世子さんの『成仏しましょう!』を大賞とさせていただきました。思いを残して亡くなった人の霊を扱っていながらも、明るくライトな読み心地と、全体の構成の巧さが際立っていました。いずれも、書き手の持ち味が光る魅力的な作品で、この面白さをローティーンの読者にぜひ届けたいと思いました。  新しく設けたファンタジー・ミステリー部門では、どこか既視感のある設定のものが多かった印象です。もっとのびのびと、設定から驚きがあるようなユニークなもの、読者が心をつかまれるようなキャッチーなもので楽しませてほしいと感じました。「ファンタジー」の定義がわかりにくかったことも一因かと思いますが、枠はあまり厳格にとらえすぎず、フィクションの面白さを優先に考えていただければと思います。次の機会はさらなる盛り上がりを期待したいと思っています。 (ポプラ社 キミノベル編集部)

【最終候補】ピュアラブ部門

【最終候補】ファンタジー・ミステリー部門

SF 完結
2時間14分 (80,289文字)

1時間59分 (70,808文字)

1時間38分 (58,260文字)

優秀作品(最終候補以外)

恋愛 完結
2時間44分 (98,311文字)

1時間33分 (55,242文字)

恋愛 完結
1時間39分 (59,368文字)

1時間52分 (67,193文字)

恋愛 完結
1時間25分 (50,915文字)

1時間38分 (58,505文字)
・募集期間:2021年5月6日(木)12:00:00 ~ 2021年8月1日(日)27: 59: 59 ・中間発表:2021年9月予定 ・最終結果発表:2021年11月予定
※優秀作品は中間発表時点で公表されます。 ※必ず@estar.jpを受け取れるようにメールの設定をお願いいたします
※完結設定をお願いします。 ※完結設定をしていない場合でも、選考の際に事実上完結である事が確認できれば選考の対象となりますが、出来るだけ完結設定を行うようお願いします。 ※シリーズタグが設定されている作品は、第1話のみ応募頂ければ、シリーズ全話が選考対象となります。 ※第三者の著者権その他権利を侵害した作品(他の作品を模倣するなど)は判明した時点で応募が無効となります。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。
注意事項
選評の送付や書籍化の打診は、エブリスタに登録されたメールアドレス宛にご連絡いたします。迷惑メール防止の為にドメイン指定受信の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがございますので、「@estar.jp」を受信できるよう設定して下さい。
2021年3月に創刊したばかりの新しいジュニア文庫レーベルです。 読者対象は主に小学校4年生~中学生。「キミとつながる、エンタメノベル文庫。」をキャッチフレーズに、新しくて面白いエンタテインメント作品を毎月刊行しています。活躍中のイラストレーターさんの挿絵がたっぷりなのも魅力です。 さまざまな形で参加できる公式サイト「キミノマチもぜひご訪問ください。

コンテストの注意事項(必読)