新作セレクション[23/07/13]

6月前半に投稿された作品の中から、時と人の想いを巡る人間ドラマや、お食事会が不思議を呼ぶ青春コメディ、身代わりから始まる溺愛ファンタジーなど、幅広くご紹介させていただいています。 最後までじっくりとお楽しみください♪

イチオシ作品

高校1年生の美術部員・高須原菜美子が忘れ物を取りに美術室に戻ると、一枚の絵が目に入る。するとその絵が光り輝き始め、その光に包まれた菜美子は意識を失ってしまう。目を覚ますと現代とは異なる景色が広がっており、学生服の男に話しかけると、なんと平成30年から昭和33年にタイムスリップしてしまっていたのだ。声をかけた男・治弥は、菜美子の憧れの画家で曾祖父でもある崎本利治の息子……つまり彼女の祖父だった。行くあてのない菜美子は治弥の家に弟子として身を寄せることになり、その生活の中で治弥の友人・信治と、運命の出会いをする――。タイムスリップ恋愛物語。

ヒューマンドラマ

自宅から通えるスーパーを辞めた後、ニートを続けている新一は、老人ホームにいる97歳の祖父の様子を窺いに行った。そこで祖父は新一に、自分が大戦時に回天部隊という特攻隊に所属していたことを話し、上官である相良という男にもらった懐中時計を新一に託す。彼はそのルーツを知りたいと思い、想い人である秀美と共に山口県へ向かう、そこで新一の意識は、昭和20年の相良の中にタイムスリップした――。時と人の想いを巡る人間ドラマ。
小学生の敬陽は、堀を泳いでいる鯉を見ていると、大きな屋敷から飛び出てきた美しい青年に「ここにいちゃいけない!」とタクシーに乗せられる。敬陽が青年の様子を見て「誰かから逃げているんですか」というと、彼は肯定の意を示した。敬陽は青年の美しさに魅せられ、彼を助けて一緒に逃げることにする。そうして始まった逃避行の中で、青年の後ろにある土地神の存在が見えてきて――。守りたいもののために頑張るヒューマンドラマ。

現代ファンタジー

女子高生の小鳥居鈴音には霊能力があり、憑依体質でもある。その上アンラッキーで、心霊絡みのトラブルに巻き込まれやすかった。そんな彼女を、「視える」能力を持つ東雲律と、優しくて甘い王子様・月城悠真という、クラスの人気を二分する美形男子が支えている。3人は鈴音の身体に霊をおろし、霊が最後に食べたかったものを食べて霊を弔うという、「4時44分の食事会」を開催しており――。不思議な事件と、友情と、恋の青春コメディ。
高校1年生の美術部員・高須原菜美子が忘れ物を取りに美術室に戻ると、一枚の絵が目に入る。するとその絵が光り輝き始め、その光に包まれた菜美子は意識を失ってしまう。目を覚ますと現代とは異なる景色が広がっており、学生服の男に話しかけると、なんと平成30年から昭和33年にタイムスリップしてしまっていたのだ。声をかけた男・治弥は、菜美子の憧れの画家で曾祖父でもある崎本利治の息子……つまり彼女の祖父だった。行くあてのない菜美子は治弥の家に弟子として身を寄せることになり、その生活の中で治弥の友人・信治と、運命の出会いをする――。タイムスリップ恋愛物語。
天使は実在し、悩み苦しむ人間を導き幸せを授けているが、一部の天使が人間に災いを与え始めた。その天使の慈悲に触れた者は、理性を失ったバケモノとなってしまうのだ。その現象は“テンシ化”と名付けられ、天使とテンシ化した人間を狩る者たちは“テンシ狩り”と呼ばれた。そんなテンシ狩りの一人である美女・リーラが営む宝石店にある日、旧友たちが訪ねて来たかと思うと、怪しい噂を語り出す。それは新しい狩りの始まりだった――。天使たちとのバトルファンタジー。

恋愛ファンタジー

公爵令嬢アルベルティーナは、貴族なのだから政略結婚は当然だと考えていた。運命的な恋までは求めないが、せめてお互いを尊重した夫婦生活を送れればと願いながら、ニークヴィスト侯爵家の令息と婚約する。しかし初めての顔合わせにやってきたのは令息とは別人の、クラウリー伯爵家の次男・レヴィンだった。アルベルティーナは婚約者の態度に呆れるものの、レヴィンに次第に惹かれていき……。身代わりから始まる溺愛ファンタジー。
子爵令息のリオンは継母とその娘たちに「灰かぶり」と呼ばれ、使用人同然の扱いを受けて暮らしていた。リオンには幼い頃に会った令嬢・シャルロットと再会したいという願いがあったが、今のままではままならない。そんなある日、王宮で舞踏会が開かれるという知らせが届いた。魔法使いから衣装とガラスの靴を与えられたリオンは、そこにならあの少女が来ているのではと、王宮へ赴く。そして望み通りシャルロットと再会、楽しい時間を過ごすが、ガラスの靴を落としてしまい――。男シンデレラ×王女様の身分差初恋物語。
人には見えないものが見える中条雪音。ある日の帰宅時、地面を引きずる長い髪に大きな一つ目の、女の姿をした怪異と出会ってしまう。いつもなら無視をすればやりすごせるのだが、その女は雪音を追ってきた。そしてついに捉えられそうになり目を瞑った、が何も起こらない。再び目を開けると、そこにいたのはオネエ言葉を喋る、ナイフを持った男。どうやら彼が助けてくれたらしい。その出会いをきっかけに、雪音の人生は変わり始める――。人間と妖怪の恋物語。

青春

1990年の夏休み。カズヤに誘われたタケルは急な坂道を下って家出をするが、最後は祖母に連れ戻される。次の日、ほのという少女がタケルに「あなた。子供だけで家出した子でしょ」と話しかけてきたことをきっかけに、タケルはほのと遊ぶようになる。ある日、神様が棲むという坂に訪れた2人に祖母は、「その坂で縁を結んだ者は、遠く離れても何度も出会うことになる」という言い伝えについて話して――。別れと出会いの青春物語。
夜名原高校の3年生・須藤咲登子は、ただ卒業へと向かうだけの何の変哲もない日々を過ごしていた。しかし新入生の中に、かつて惹かれていた相手・桐谷琥太郎の姿を見つける。告白すらできずに不完全燃焼で終わった、彼を思っていた日々の浅い春の記憶が蘇り、咲登子の止まっていた時が動き出す。ひょんなことから週2回、一緒に帰宅することになった2人は、離れていた時を埋めるように距離を縮めていく。しかし過去のトラウマから想うことに臆病な咲登子は“好き”の一言が言えず、やがて卒業の時を迎えて――。不器用な2人の恋愛物語。
ハルこと桜沢遥香、スバルこと筒香澄波留、蒼こと榊蒼の2人は、保育園で出会い中学で再会し、一貫教育の学校に一緒に通っている。だが、ある頃から、スバルが3人組の中から離れがちになったり、蒼に女装趣味があることがあきらかになったりと、関係性を変えながら楽しい日々が過ぎていく、やがて3人は社会人になり、それぞれの人生を歩き出す。そして3人がお互いの幸せを願い、その先にあったものは――。幼馴染の恋愛&友情物語。

歴史・時代

本多忠勝は、生涯57回の戦に参戦し、かすり傷一つ負わなかったという伝説を持つ戦国最強といわれる男である。その彼が、若い頃この世界では女である主君・徳川家康を慕う余りの激重感情により、騒動を起こしていたのだった――。またもう一つ、現代を舞台にした女ながら広域暴力団徳川組の跡目となった家康を補佐役として支える「最終兵器」極道・本多忠勝の物語が語られていく……。戦国最強サムライの忠臣恋愛物語。

恋愛

36歳の恵は、会社を辞めてフリーで翻訳の仕事をしている。孤独ともいえる生活をしていた彼女だが、亡くなった妹の息子である真咲を引き取ったことから、彼に思いもよらない潤いを与えられるようになっていた。彼女が買い物に出た雨の日、駐車場で若い男性に声をかけられ、落としていたハンカチを渡された。彼は恵が時々行くカフェの店員で、その日をきっかけに、2人の恋が始まった――。絆が作り出していく、大人たちの恋物語。
お互いを監視し合うような人間関係のある田舎町で教師をしている志木。彼は心理学を専攻していたことから、ある問題を抱えた生徒・雪のカウンセリングを任されていた。志木に好意を向ける雪だったが、志木はそれを拒否して雪と距離を取る。一方、雪に狂気的な思い入れを持つ少年・春は2人の関係を知り、行動を始める。そんな中、町で水死体が発見されたことで、雪の仕業ではないかという声があがり――。切ない共依存恋物語。

ミステリー

ファンタジー

シースナー皇国の第2皇女・ウルは、婿探しをすると宣言した。親衛隊はひとりずつ候補者の元に赴いて、王宮まで連れてくるように命令される。親衛隊の新人で、兄弟のようにいつも一緒にいる15歳のセージとリンは、それぞれ別の国に向かうことになったのを嘆きながら、候補者と出会うために旅立つ。それは世界を創造した精霊たちと、それを祀り守る人々を巡る、大きな物語のはじまりだった――。正統派ハイ・ファンタジー。
ごく平凡な高校生・安岐川ヒロトは、神々が起こした災いである“神災”によって命を落とした。死後、マフィアのボス風の姿をした神様により、死ぬ時に6つの命を助けていたことで、願いを叶えた上での異世界転生をすることになった。チート能力をもらうこともできたが、それを拒否して訪れた先は、現代日本にそっくりではあるが、自然崇拝が強い世界だった。彼はそこで苦労しながらも前へと進んでいく――。転生少年の異世界奮闘記。
孤児院で暮らす、カイラと呼ばれている少女は、他の人には見えない何かが見え、話ができることから気味悪がられ、また同じ日に拾われたルイーズという美少女と比べられ、疎まれていた。そんな日々の中、カイラは森で魔狼に襲われていた聖女を助ける。それをきっかけに前世で精霊王の姫だったことを思い出し、さらに自分の騎士になるように、と聖女から求められたことで、カイラの運命は激動を始める――。嫌われものの成り上がり物語。

SF

うだつの上がらない男・カノシタは、東京旅行を楽しみながら、パパ活女子を引っ掛けようとしていた。そこに地雷系女子の方から声をかけられる。ノアと名乗った少女とカノシタは、ラブホテルに向かった。ホテルでカノシタはノアに「文書」のありかを問われる。身に覚えがなく答えられずにいると、口の中に銃口を突っ込まれる、更にそこにショットガンを持った男たちが現れ――。殺し屋ぴえん系女子と、冴えない男のガンアクション物語。

ホラー

昭和23年、13歳の捨太郎は連夜、死んだ者の記憶を追体験する様な夢を見ていた。東京大空襲の犠牲になった姉妹の夢かと思えば、それとは別の、ひと思いに死ねなかった若武者と馬の夢を見る。自分には特別な能力はないが、夢には意味があるのでは考えていた。一方で、同い年にしては頭抜けて大きい身体を持つ捨太郎の同級生・蜂矢魁は、自室に突如大勢の幽霊が住み着いたらしく――? 生と死と共に語られる昭和青春物語。
ステラは霊感が強く、幽霊が見え、憑依されやすい体質だった。彼女は心霊系の動画配信者である友人に、無理やり心霊スポットである廃坑に同行させられる。そこには「幽霊の卵」と呼ばれる物体があるというのだ。そして廃坑の奥で卵を見つけると、そこに白のマントをまとい、股間を怒張させた全裸の男が現れる。それは史上最強の祓い師・ラジエルだった――。奇妙な出会いから始まる、溺愛系ホラーラブコメ。

BL

その国には年に一度、山神様に生贄を差し出す風習がある。旗本の次男に生まれ、親から存在を疎まれていた幸成は、そのしきたりに乗じ、刺し違えてでも山神を殺すようにという使命が与えられた。そして山神の元に向かう日の前夜、兄に犯されてしまう。何もかもに裏切られた幸成は、失意の中で狼の姿をした山神に出会う。山神は幸成の覚悟を見て「気に入った」といった。幸成は山神に抱かれそして――。人外との切ないBL時代ファンタジー。
27歳の時、7つも年上の日和と結婚した稔。稔の家と資産家である日和の家はお互いにつながりを持ちたがっており、その生贄となった格好だった。そして2人は結婚してすぐ、身寄りのない少年・蓮を養子に迎え育て始める。稔も日和もそれぞれに事情を抱えており、蓮は色々な愛の形と結婚があるのだということを理解し、2人を見守っていた――。偶然出会い、強い絆で結ばれた3人の、ほのぼの日常物語。

イラスト

自然を見守りし美しき月の女神――。鮮やかな人物画。

他の特集もどうぞ!

特集 一途男子
Rising Star[24/02/08]
特集 GAME WORLD
Rising Star[24/01/25]
もっと見る