この表紙でひきつけられました

ノコギリマンさんの青春三軍の名作! この表紙にその魅力が密集しているようです✨大好きです。
未苑真哉

痺れる。これが文学的勝利

 先ず、コロナ禍で名店が閉店しまったこと、なかなか通いづらくなってしまったこと、とても残念に思います……。  *  すっかり蜜原さん作品をコンプリートし、再読まで始めた私は、ファンと公言して良いの
1件
未苑真哉

業界の闇と、対先生の関係性 (※同業者なのだろうか……汗)

 ひどく個人的な感情を交じえ、一気に50ページ弱を読み終えた前提の感想文であること、先にお詫びします。  丹宗様が紹介文で書いている通り、これは「先生×生徒が苦手な方」向けの小説です。その属性のラブ
ネタバレあり
1件

京の都、宵闇のなかで

作者様が在住とあって、文字の中から京都独特の湿度、街の景色がふわりと再現されてていきます。 都市が碁盤の目で築れた町並み(条坊制)は、直線の道を行ったりきたりするだけで、迷路のよう。往来の狭間に導かれ
2件

ものを書くすべての人へ

物語をつくる醍醐味、孤独、焦燥。そして中毒性。 エブリスタでものを書く私(達)を、この小説を通して見ました。 まるで深海に潜るように、深淵に向かうように。 どこまでも弱く、しぶとく、強い。 そんな物
1件

漫画の神様のロビタとタイマン張れます(こんなアオリで意味伝わるだろうか……)

ロボットがロボットであるアイデンティティーとはなにか? この小説を読めばすべて書かれています。 滑稽な言葉も、愛くるしさも、顛末も、すべて読み手の私達が人間であるが故。 また、雲灯様の小説はひたすら
1件
未苑真哉

続編希望!(もちろん、セーラちゃんのその後)

初々しい中学生の初恋! ティーンズハート文庫を読むあの頃に戻りました(年齢がバレる 笑) 主人公セーラちゃんの秘密が明らかになる様は、気になってどんどん読み進めてしまいます。 お気に入りはセーラそっ
1件
未苑真哉

現代版『城の崎にて』と言わせて下さい。昆虫文学長編!

著者様は『深山の王』 https://estar.jp/novels/25618724 にて、父息子のクワガタ取りの一時と命の一瞬を描かれ、大賞を受賞されていらっしゃいます。 今作では「彼」と「私」
1件
未苑真哉

騙されろ。歌詞とは個人のバイアス!

てっきり、作詞のプロである濱口屋さんの歌詞分析だと思っておりました。 「歌に対するプロの姿勢を見ることができるなら、襟を正して読まねば」 そう思って、今日まで読まずに大切にとっておきました。 ……
1件
未苑真哉

非エブリスタ民、茨城在住の友人が旦那さんまで誘って絶賛。

※長いタイトルは事実です。 読み始めたら最後、じっくり噛み締めて進めようとしたのですが、展開が気になり一気に読了。 読み終わった後には、蓮の花咲く道で軽やかな風に吹かれるようです。 「はっすーさん
3件
未苑真哉

コロナ禍だからこそ流れた星と、その想い

妄想コンテスト「星降る夜に」作品とのことです。 たくさん投稿作を読んできましたが、これほど意味のある「星」を描く作者様は初めてでした。 ラストシーンは消えゆく流線まで美しいです。 コロナ禍で晴れの
1件
未苑真哉

女将の京言葉がいい味出してる飯テロ作品✨

濱口屋さんのファンの一人ですが、作品の中で一位を争う面白さです。 まるで落語家のよう! 京料理を説明する女将が、何ともはんなり。食材に拘った数々の創作和食の説明に、夜中読むんじゃなかったと後悔しつつ、
4件
未苑真哉

紡がれる文の力

福川さんのエブリスタ掲載作品をすべて拝読しております(ファン 笑)。 キャッチーな会話、予想だにしない展開、愛くるしい登場人物達はカラフルで、映像化して欲しい作品ばかり。 ですが、本作だけは、福川さん
ネタバレあり
1件
未苑真哉

残る人には、今でも残る。

いつ作られた音楽だろうと、誰かの耳には永遠に残る。 「懐メロ」とか「一発屋」で済ますのは簡単だけれど、表現するミュージシャンにとって、今でも聴いてくれる人が一番のファンなのでしょう✨ 朝永さんは、誰
ネタバレあり
1件
未苑真哉

脊椎動物だから大丈夫

夏の日のささやかな数時間を切り抜いたお話です。 劇的ではない、けれど小さな出来事で、登場人物の関係性が揺れ動きます。 ページをめくる毎に、ビオトープの水温や、メダカや水草の生きものの匂い立つ文章に、丁
1件
未苑真哉

コーヒー入門を女子高生目線で新鮮に☕️

コーヒー好きなら目が止まる作品だと思います。 例に漏れずコーヒー好き(拙作にもコーヒーメインの話使ったほど)な私から見て 画期的な作品だと思うのは、 専門的な「美味しいコーヒーの淹れ方」を 女子高生目
1件
未苑真哉

リコリスの和名を知っている方は、必読

読後、あるモチーフと軸となる登場人物の描き方に共通項が見つかるとともに、 底無しの激情へとゆっくりと沈む感覚に浸ります。 ただ、美しい。 絵でもなく漫画でもなくドラマや映画でもなく、 小説であるた
1件
未苑真哉

理不尽な現実を、魅力的なキャラクターを通して進行する

福川さんの作品には、たびたび、救いようのない暴力が描かれます。 加害者に一切同情できない事実を、何の余地もなく冷たく描きます。 実際に起きている事件では(明るみに出ているものだけかも知れませんが)、加
ネタバレあり
2件
未苑真哉

アフター3.××

何とは文字にされていませんが、お父様のお仕事を押して図るべし。 3.11後の家族の物語です。 饒舌すぎない(登場するとある人と違って!笑)文章力が、ひたひたと迫ります。 プロ作家さんになられるのだろ
ネタバレあり
2件
未苑真哉

2パターン結末を選べる画期的!

私はノリオさんを選びました。 本文描写で、うすうす感じていましたが……(笑) 結末を2つ選べるスター特典、面白い! 真似したくなるほどに、作者様のアイディアに個性光りますね✨
ネタバレあり
1件
未苑真哉

暗くなりがちな題材を、逆ハーレムをモチーフにコミカルに描かれます

容赦のない冷血ないじめを受ける主人公・聖子ちゃんが、『逆ハーレム』作戦で復讐を遂げる中で、しっかりと着地点のあるお話になっています。 集団いじめの被害者の視点で描くフィクションは、どうしてもダークに染
ネタバレあり
1件
未苑真哉

作者様の優しい視界で描かれた物語。

橘家の父・『たすくさん』、長男・奏くん、次男・巧くん。 それぞれの目線から見た、優しいお話です。 場面の切り取りや人物のとる行動が、誰かへの想いに溢れています。 時系列を追って読むも良し、気になる作
2件
未苑真哉

学校7不思議から予想もつかない展開! 苦く、爽やかな青春

学園ホラーものかと読み進めていくうちに、主人公が通う高校の『7不思議』を巧みに使った展開が待っていました。 皆さん、騙されて下さい✨✨ 読み終わる時には、金属バット先輩が待つ屋上で風に吹かれるような爽
ネタバレあり
2件