この作品は非公開になりました

語りかけるような書き出しに、一気に物語の世界へと誘われました

語りかけるような書き出しに、一気に物語の世界へと誘われました。そして始まった回想で、主人公は美しい宝石に出会います。彼女が宝石に対して抱いた感情の描写が秀逸で、その特別な魅力が際立っていました。宝石を

多彩な魅力に溢れています

女性として生活するのは、愛娘を失った母親を癒すため。従僕として過ごす時間もある。この設定が物語に気品と醍醐味、悲哀を与え、多彩な魅力に溢れています。新しく、複雑な環境で生きるエドガー。彼のピュアさ、凛
1件

圧巻の“ギャップ萌え”を描いていました

圧巻の“ギャップ萌え”を描いていました。行為の最中の各キャラの台詞が生々しく、リアルです。暴力的な3Pで幕を開けているのに、純愛の要素を感じられる巧みな演出。朔也を傷つけたいわけではない気持ちが伝わり
1件

この作品は非公開になりました

ヒーロー作品の王道の幕開けです

主人公のピンチを、祖父が颯爽と救う。ヒーロー作品の王道の幕開けです。無力な主人公と、彼のために身を犠牲にする年長者。忠行がヒーローとして成長するための“通過儀礼”を見事に描けていました。一転して車内で

この作品は非公開になりました

緩急のついた見事な物語のスタートでした

台詞がまったくない序盤の構成が際立っています。珠樹の繊細な心の描写に関して、何度も“刺す”“痛み”などの表現が散見されます。辛い、悲しいという抽象的なワードよりも、直接的な表現で、読者が彼女の内面に同
1件

この作品は非公開になりました

優れた文章力かつ品があり、飲みこみやすい表現で構築されたコメディ

優れた文章力かつ品があり、飲みこみやすい表現で構築されたコメディです。思いもよらぬハプニングや危機的状況を描いているのに、喜劇的な世界観として楽しめます。非日常的な展開が連続して、楽しい時間が長く続い
1件

特別な関係になった2人の続きが楽しみになる幕開けでした

台詞が刺激的で、エッジが効いています。なおかつリズムがあるので、グイグイと読み進められる。パンにまつわるさまざまを、房事のあれやこれやに例えるやりとりは愉快です。赤裸々な場面もありますが、どこかカラッ

いつまでも見ていたい世界が構築されていました

記憶喪失になった主人公のために、キャラや店の特徴を説明していく過程が秀逸です。自然に読者へ作品世界の紹介になっているのが上手い。話運びのテンポがよく、ストーリーが滑らかに語られていきます。スイーツのレ
1件

胸躍る冒険が待っていると感じられる、ワクワクする書き出しでした

冒頭の訓練シーンで勇利と梨華の個性の違いを上手く浮き彫りにしています。ストーリー構成も見事です。各国の情勢を最初に説明するのではなく、主人公達の立場と、目的を明らかにしてから、解説している。作品の世界
1件

興味を掻き立てられるオープニングです

ズレや違和感を非常に効果的に演出に取り入れています。授業中に鳴り響くドラム。羽澄の独特の行動の数々。不穏さにつながりかねない要素を、主人公の紗奈が好ましく受け止め、刺激的なシーンに変換しています。彼女
1件

美しい友情の物語が紡がれています

美しい友情の物語が紡がれています。平明な言葉を効果的につないで、明快な世界を描けていました。ハスターが黄金や宝石を渡すという申し出を主人公は断る。けれど賢者の石の作り方を訊ねれば、ハスターは「答えられ

この作品は非公開になりました

2人とも独立した感情と人格をもったキャラとして描けています

主人公と広斗の距離感が絶妙です。必要以上にベタベタせず、2人とも独立した感情と人格をもったキャラとして描けています。時折、広斗が嫉妬から見せる冷たい視線に対しても、主人公が適度に鈍感であるのでバランス
1件

次の展開にも期待しています

ひたすら続く「明日菜賛歌」ですが、巧みに変化を織り交ぜているのでポイントが高いです。一律に褒め続けるだけでは読者が飽きます。だから、彼女の素晴らしさを容姿、頭の良さ、弓道時の美しさなどジャンル別に称え
1件

この作品は非公開になりました

2人の間に何があったのか、気にならないはずがありません

空想災害のアイデアが秀逸です。魔喰いによる災害が国土を侵食していく。主人公はそんな空想災害の元凶であるとされる少女を逃がした男、ラスト。2人の間に何があったのか、気にならないはずがありません。文章が読
1件

物語を牽引していく謎を非常に効果的に提示しています。

斯波はなぜ高校を退学したのか。物語を牽引していく謎を非常に効果的に提示できています。斯波を追いかけていた新の、父である社長との会話シーンによって、時間の経過と彼の成長が伝わってくる。企業買収を巡る話も
1件

文章からイメージしやすく、とても読みやすかったです。

時計の作動音で、主人公の魔女への違和感を表現しているのが上手いです。チクタクが異音として意識しなくなると、彼女への対応もできるようになる。主人公の心理描写として巧みでした。教会が休む日曜日に活動する魔

この作品は非公開になりました

予想できない今後の展開が楽しみです。

論文を書くため、古い宿場町を訪れたラファエル。突然上がった悲鳴に、若い女性が死亡したことを知ります。とはいえ住人の反応は度を超している。どうやらその死に方が普通ではないようで……。不穏な始まりに、恐る

文章力も卓越しており、くり返し読みたくなる秀作です。

「自分ではない何者かになりたい」。見方によってはポジティブな夢にさえ思えるこの願望が、今作の読了後には印象が一変します。恐ろしい執着に感じられる。物語が見事な円環構造で成立しています。初見ではとっつき

今後が楽しみな幕開けでした。

個性的なタイトルです。同時に不穏な香りも漂っています。余命いくばくもない人物の許へ、姿を見せた死神のような存在。彼の話を静かに聞き、やさしく導く。その存在こそが、死人の魂を迷うことなく冥界まで送り届け

象徴的なラストシーンでした。

文章が非常に達者に編まれています。故国を離れたけれど、捨てたわけではない。そんな主人公の複雑な心境が、繊細に描かれていました。その背景として、近未来の日本の社会情勢がリアルに構築されています。日本語学

予想できないストーリーを描けています。

愛玩用の人工小人間が普及している世界。仲のいい叔父さんから、美しい人工小人間を託された高野。違法ではないが、中学生男子が世話する対象ではないという世の中の目はリアルです。彼女が愛らしい容姿と裏腹に、自
1件

この幸福感の裏に何があるのか、興味津々です。

朝食シーンのディテールが凝っていて、人物の紹介にもなっている。魅力的なオープニングです。十二年もの間恋をしている彼が部屋にいて、朝食を作っている。その幸福感が読者の旨にまで染み入ってきます。とはいえ彼

純粋な2人の想いの行き着く先が気になって、最後まで目が離せません。

遠藤亮一と山下梨花は恋人同士。ところが彼女からクリスマスには一緒に過ごせないと宣言される。それどころか、別れまで切り出された。その土壇場から、突然1年半前に時間が戻ります。2人が付き合うきっかけをなか
1件

オノマトペの使い方が巧みです。

オノマトペの使い方が巧みです。現実世界では擬音語も擬態語もゼロ。そして、異世界転入の瞬間から、「ファーン」「ガァー」などオノマトペが全開になります。状況が変わったことを表すのに抜群の効果がありました。

ホッコリする現代の童話です。

ホッコリする現代の童話です。青い石のついたチョーカーに触れると黒猫に変身できる、まゆ。その姿で夜の散歩中、他の猫に襲われてしまい、人間の奨さんに助けられますが、大事なチョーカーを取られて元に戻れない。
1件

文章が整っていて読みやすいので、作品世界にスッと入れました。

現代的なテーマをエンタメ小説にまとめあげた作品です。まだすべては登場していませんが、10のユニットと、5人のプロデューサーが見られる。読者はこの作品の中で“推し”のキャラクターを見つけて応援することが

運命のマリオネットから抜け出す未来を祈りたくなる序章でした。

魔王を倒せずにタイムループする作品はありますが、討伐に成功しているのに時間が戻ってしまう設定を斬新に感じます。倒し方を工夫して、魔王が消えれば解決する問題ではないのが面白いです。アルドリドが1人で3度

優しく温かいストーリーで、続きが楽しみです。

童話を聞かせているようなやわらかい文章です。メルヘン感の溢れる作品にふさわしい。キャラ造形も世界観に合っています。主人公の智奈はアイダネ町に転移してワクワクする。彼女を異邦人ではなく、夢の世界に同化で
1件

読み手の感情を揺さぶる情熱的な作品です。

読み手の感情を揺さぶる情熱的な作品です。とくに背徳の香りが作品全体にスパイスのように効いています。たとえば、葬儀の場で、肌を合わせる潤と光。品格のある整った文章なので、行為そのものの生々しさが緩和され

風雲急を告げる幕開けでした。

リサとあーちゃんのやりとりが温かく、胸に沁みます。お互いを信頼し合ってるが故の、少し乱暴な言葉遣いであると伝わってきました。クロワッサンの朝食は、ちょっとご馳走というニュアンスも、幸せな日のスタートを
もっと見る