このページのリンクアドレス

エブリスタ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第51回「地下鉄に乗って」という文章を使って物語を書こう

SNSで特集情報をお届けします!

5分で読める短編小説シリーズ

イベント名

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第51回「地下鉄に乗って」という文章を使って物語を書こう

スケジュール

■募集期間 2017年5月17日(水)11:00:00 ~ 2017年6月13日(火)23:59:59
■結果発表 中間発表:なし
最終結果発表:2017年8月上旬予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)
※大賞~佳作の作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります
※大賞~佳作の作品はエブリスタ公式SNSで配信・紹介される可能性があります

優秀作品(結果発表ページでご紹介)
ピックアップルーキー(結果発表ページでご紹介)

募集内容

新作限定!初心者大歓迎!
三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第51弾です。

今回のテーマは
「『地下鉄に乗って』という文章を使って書こう」
です。

作中のどこかに必ず「地下鉄に乗って」という文章を登場させて妄想を投稿してください。

・地下鉄に乗って旅に出よう…失恋した女子が自分探しの旅へ…
・歩いても歩いても出口が見つからないだと!?地方出身者が体験した初上京物語
・終点駅に魔王が!?地球を救うために勇者(一般人)が地下鉄を乗り継ぎながら闘うバトルファンタジー
・地下鉄のホームで毎日見かける気になる存在…実は彼の正体は…ハラハラドキドキのミステリー小説

みなさんは「地下鉄」にどんなイメージを持っていますか?
地下という閉鎖的な場所で、複雑に絡み合う路線と覚えきれないほどの駅数。

暗いトンネルの先は何処に繋がっているのか?その先にあるものとは…?
妄想しただけでなんだかドキドキ・わくわくする、それが地下鉄だと私は思っています。

多くの人々が利用し、乗車しているそれぞれの人に、それぞれの物語があります。
その物語の一部を切り取って、小説にしてください。

「地下鉄に乗って」私たちを様々な世界へ連れて行ってくれる物語を期待します!

テーマから自由に妄想した物語をぜひ投稿してください。
あなたの妄想作品お待ちしています!

上位3作品には賞金+編集部からの選評!
さらに上位30作品を結果発表ページでご紹介します。
特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。

また、上位30作品まであと一歩だった作品の中で
応募締切より3ヶ月以内にクリエイター登録された新規作家を対象に
数作品ピックアップルーキーとして結果発表ページでご紹介させていただきます。

☆上位作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります!
(収録が決定した作者様には別途、ご連絡させていただきます)
短編小説シリーズ「5分シリーズ」

過去の妄想コンテストはこちら

応募要項

・公開状態の新作(募集期間内に新規投稿・公開された作品)
※非公開作品は審査対象外となります。
・分量は100文字(三行程度)~10000文字
※上記2項目に沿っていない作品は選考外となります
・お一人様、何作品でも応募頂くことが可能です。
※完結していなくても構いませんが、選考において締め切り時点での完成度も評価の対象となります。

応募条件

・シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。
・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。
・応募締切り後の作品編集可。
※ただし、審査は、締め切り時点2017年6月13日(火)23:59:59のデータで行います。
・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞で過去に受賞した作品は選考対象外とします。
・エブリスタ内の他公式イベント(重複応募を許容しているイベント)との重複応募は可能です。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

次回予告

次回の妄想コンテストは今回と平行する形で2017年5月31日(水)より開催いたします。

Twitterの反応

短編箱

小説 SF

短編箱

あなたは、何を【完結】

朔策索作

どんな未来を望みますか。

完結

4ページ

3行・100文字の小噺

小説 ライトノベル

3行・100文字の小噺

エスカレーター

山科かー

応募ギリギリの100文字ちょうどで、地下鉄に乗って小噺。会社に行きたくない朝…

完結

1ページ

短編集

小説 その他

短編集

夢みる電車

涼美 かなで

こんな妄想してみませんか?

完結

10ページ

地底世界は秘密基地

小説

地底世界は秘密基地

礼二えもん

完結

2ページ

なくもんか

小説 青春・友情

なくもんか

永原 凪咲

泣くことも、鳴くこともしたくない

完結

4ページ

地下鉄に乗ってシリーズ

小説 その他

地下鉄に乗ってシリーズ

地下鉄に乗ってるけれど

秋葉原の怪物

完結

2ページ

選考結果発表

地下鉄は見知らぬ人と一緒になる空間。忙しい日常の中、電車の中で交錯する人々を描いたヒューマンドラマが数多く集まりました。ぜひ電車の中で読んでいただきたい作品群です。

大賞(賞金3万円+選評)1名

凶手は数えずにはいられない

小説 その他

凶手は数えずにはいられない

著:有月 晃(ウヅキ コウ)

選評:

チャイナタウンの老人から依頼を受けて暗殺を担う主人公。この短いページ数で、まるで空気の温度や匂いまで感じられそうなほどの臨場感です。数を数えながら周囲を把握していく描写も効果的。とにかくカッコ良く、熱く、最後はほろ苦いドラマティックな作品です。短編ムービーで観たいです。

準大賞(賞金2万円+選評)1名

8月14日のジャンクション

小説 ホラー・オカルト

8月14日のジャンクション

著:歪鼻

選評:

世界観が突き抜けていて面白く、奇妙ながらも引き込まれます。小説ならではの不思議な読書体験ができる作品です。ちょっとねじれた世界観、なんとも言えない読後感を味わうことができます。

入賞(賞金1万円+選評)1名

一緒に行こうよ。

小説 青春・友情

一緒に行こうよ。

著:うず

選評:

ホームレスの彼が出会った奇妙な男児は…。男の子のキャラクターが楽しく、コミカルで、最後にはほっこり暖かくなる、素敵なお話です。物語に施されたある仕掛けも上手いです。

佳作

【短編集】てきとうに息してる

小説 その他

【短編集】てきとうに息してる

大都会の地下には財宝が眠っている

著:植原 翠@「猫の木」&「LIMIT」

選評:

亡くなった父の「大都会の地下には財宝が眠っている」という言葉の意味は……。冒頭からは思いもよらず、爽やかで沁みるような感動をくれる作品です。

私たちは戦友。

小説 青春・友情

私たちは戦友。

著:もか

選評:

忙しいワーキングマザーが、地下鉄の中で旧友と出会って…。ハードな日常からのひとときの解放を描いた作品です。複雑な心情も交えつつ、ほっこり暖かい気持ちにさせてくれます。

地下へ参ります

小説 ホラー・オカルト

地下へ参ります

著:オヨビゴシ

選評:

おばあちゃんへの罪悪感と後悔をテーマにした作品です。ビターな味わいながらも、最後には作者の優しさ、温かさが伝わってきます。

two mails

小説 純愛

two mails

著:チルヲ

選評:

会社を辞めた彼への手紙と、その返信。全体的には落ち着いているのに、キュンとさせる言葉、ドキッとさせる描写がところどころに出てきてふいに心を掴まれます。

思い出橋

小説 青春・友情

思い出橋

著:風綾草之

選評:

戦前~戦時中を舞台にしたレトロな雰囲気に満ちる美しい語り口の物語と、現代を生きる疲れた若者の独白が交差します。時代の描写と翻弄される人々の心情が無駄なく描かれていて、引き込まれました。

青春・社会経済短編

小説 青春・友情

青春・社会経済短編

SKY BLUE

著:更紗

選評:

ミス続きで落ち込んでいるホテルのウエイターが地下鉄で出会ったのは…。爽やかな気持ちになれる作品です。とくに、地下鉄が地上に出る瞬間の鮮やかさは目に浮かぶようでした。

現代日本の××事情

小説 ホラー・オカルト

現代日本の××事情

著:沙耶

選評:

現代日本の妖怪たち。闇が少なくなったから地下鉄に潜み、youtubeやスマホゲームをしつつワイワイ生きている…今の時代に生きる妖怪としてイメージしやすく、イキイキした彼らが楽しい作品です。

期待しない少女は世界に奇跡しかないと嘯く

小説 純愛

期待しない少女は世界に奇跡しかないと嘯く

アイネ・ウーバーン・シュピーゲル

著:相生 逢

選評:

並走する電車に乗っている彼女と、窓に書いた文字で会話するシチュエーションが素敵です。文中のアイテムがきちんと意味をなしていて、完成された物語だと感じました。

みっしり

小説 お笑い・ギャグ

みっしり

著:緒方あきら

選評:

満員の地下鉄にみっしり詰まることにフェチズムを感じてしまった主人公。描写が上手く、汗臭さや圧迫感がこちらまで伝わってきます。読んだらしばらく忘れられない作品になること間違いなし。

アウェイ

小説 その他

アウェイ

著:仮野まなつ

選評:

ハードでドライな大人っぽい世界観でのラブストーリー。世界観の作りこみと、キャラクターの魅力を評価しました。ストーリー運びが若干性急にも感じましたが、ドラマチックで面白く読める作品です。

優秀作品

ピックアップルーキー