このページのリンクアドレス

エブリスタ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第53回 「本屋さん」が登場する物語を書こう

SNSで特集情報をお届けします!

5分で読める短編小説シリーズ

イベント名

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第53回 「本屋さん」が登場する物語を書こう

スケジュール

■募集期間 2017年6月14日(水)11:00:00 ~ 2017年7月11日(火)23:59:59
■結果発表 中間発表:なし
最終結果発表:2017年8月下旬予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)
※大賞~佳作の作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります
※大賞~佳作の作品はエブリスタ公式SNSで配信・紹介される可能性があります

募集内容

新作限定!初心者大歓迎!
三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第53弾です。

今回のテーマは
「『本屋さん』が登場する物語を書こう」
です。

作中のどこかに必ず「本屋」を登場させた妄想を投稿してください。

・本屋で出会った1冊の本から始まる謎解きミステリー
・バイト先の書店に毎週訪れるサラリーマンに恋をした。女子高生の甘酸っぱい恋物語
・シャッター通りに突然現れた謎の本屋…そこで働くのは願いを叶えてくれる魔女
・古書店で見つけた古い本を開いたら、平安時代にタイムスリップ!?

本屋には様々な書物が溢れています。
それは知識であったり、物語であったり、誰かの人生であったり…。
本屋に訪れる一人ひとりが違った目的で訪れ、運命の1冊と出会うのです。

そんな「本屋」が登場するストーリーを募集します。

テーマから自由に妄想した物語をぜひ投稿してください。
あなたの妄想作品お待ちしています!

上位3作品には賞金+編集部からの選評!
さらに上位30作品を結果発表ページでご紹介します。
特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。

また、上位30作品まであと一歩だった作品の中で
応募締切より3ヶ月以内にクリエイター登録された新規作家を対象に
数作品ピックアップルーキーとして結果発表ページでご紹介させていただきます。

☆上位作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります!
(収録が決定した作者様には別途、ご連絡させていただきます)
短編小説シリーズ「5分シリーズ」

過去の妄想コンテストはこちら

応募要項

・公開状態の新作(募集期間内に新規投稿・公開された作品)
※非公開作品は審査対象外となります。
・分量は100文字(三行程度)~10000文字
※上記2項目に沿っていない作品は選考外となります
・お一人様、何作品でも応募頂くことが可能です。
※完結していなくても構いませんが、選考において締め切り時点での完成度も評価の対象となります。

応募条件

・シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。
・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。
・応募締切り後の作品編集可。
※ただし、審査は、締め切り時点2017年7月11日(火)23:59:59のデータで行います。
・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞で過去に受賞した作品は選考対象外とします。
・エブリスタ内の他公式イベント(重複応募を許容しているイベント)との重複応募は可能です。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

次回予告

次回の妄想コンテストは今回と平行する形で2017年6月28日(水)より開催いたします。

Twitterの反応

星屑みたいに

小説 学園

星屑みたいに

黒羽瑛人

世の中に星屑程ある他愛もないコイバナの中の一つの話。

完結

32ページ

書院森羅の子どもたち

小説 SF

書院森羅の子どもたち

ことりはね

超・妄想コンテスト 第53回 「本屋さん」が登場する物語を書こう参加作品

完結

11ページ

雨宿り

小説 その他

雨宿り

黒羽瑛人

もしあの時、急な雨が降っていなかったら……。

完結

3ページ

猫店主の本屋と星屑回収人

小説 ファンタジー

猫店主の本屋と星屑回収人

鳴澤うた

塾帰りに見慣れない本屋を見つけた佳世は・・・

完結

12ページ

白状書店

小説 ファンタジー

白状書店

改訂木魚

作品準備中

完結

7ページ

口の中で泳ぐ星

小説 ホラー・オカルト

口の中で泳ぐ星

ますずし

僕はあれからしばらく、本を開くのがちょっぴり怖く感じるようになった。

完結

11ページ

選考結果発表

本は違う世界への入り口。不思議な力を持つ本や、異界の本屋さんなどが登場する幻想的な物語が多く集まりました。読み終わった後、本屋さんに走りたくなること間違いなしの作品たちです!

大賞(賞金3万円+選評)1名

選考残

小説 その他

選考残

栞子は振り返らない

著:◎◯

選評:

たったの4ページなのに文章の緩急のつけ方がよく計算されており、クスッとできる超ショートショートです。最後のセリフもただの一言なのに、周囲のドタバタ感が伝わってきます。

準大賞(賞金2万円+選評)1名

ウィンクルム

小説 SF

ウィンクルム

著:子無狐

選評:

本という存在が希少になってしまった未来の物語。登場人物にとって、紙の本がどういう存在なのかが温かく丁寧に描かれており、優しい気持ちになれる作品です。本好きなら心を掴まれること間違いなし。

入賞(賞金1万円+選評)1名

Herbam-libro-vendit

小説 その他

Herbam-libro-vendit

著:五丁目

選評:

自分の少し先の未来について書かれている本を手にした三人。三人がそれぞれ、幸せな未来を掴もうと動いた結果……。大きなどんでん返しと、まさかの展開に息を呑む作品です。パズルのようにすべてのピースがはまっていく展開は流石の一言。

佳作

小さな町の A.I.本棚

小説 SF

小さな町の A.I.本棚

著:七瀬 渡

選評:

AIを搭載した本棚、エーイチの物語。エーイチのキャラクターが面白く、可愛く、楽しく読める作品です。

short×short

小説 その他

short×short

まぼろし書店~あなたのこころを記す本~

著:桂木 京

選評:

書き込むことで未来を変えられる書物が登場する物語は多かったですが、その中でもこの作品は主人公の逡巡と決断の描写がずば抜けて素晴らしかったです。切ないながらも大きな感動をくれました。

しらない兄弟

小説 その他

しらない兄弟

著:八馬山田真矢

選評:

一冊の本をめぐる、二人の兄弟の物語。果たして兄と弟、どちらの考え方が良かったのか読後しみじみ考えてしまいます。短くて深い作品です。

異世界書店

小説 ファンタジー

異世界書店

著:ユメノ

選評:

異世界と通じてしまった書店。異世界の住人たちに本を販売するかどうか、書店員たちは揉めるが……。まさかの展開で、しかもその展開が非常に笑えますし、ちょっとした風刺や毒も味わえます。ラスト、これから彼らがどうするかの展開が読みたくなりました。

エロ本が一冊無くなっていた、誰も気にとめなかった

小説 ファンタジー

エロ本が一冊無くなっていた、誰も気にとめなかった

著:きゆろひら つか

選評:

書店の棚に並ぶエロ本たちの会話。本たちの性格造形が実際の人間のように生々しいです。最後はまさかの切ない展開で、なんとも言えないおかしみと哀愁が後を引きます。

あの遠い日のしおりと夢と

小説 その他

あの遠い日のしおりと夢と

著:lime

選評:

ストーリーラインは王道ながらも設定が新鮮で、最後の怒涛の展開はハラハラしながら読んでしまいました。胸にじんと来るお話です。

雛鳥作家と夏空本屋

小説 その他

雛鳥作家と夏空本屋

著:鳥谷綾斗

選評:

美少女として売り出された新人作家の悩みが丁寧につづられています。彼女にぶつけられる悪意のセリフに生々しさがあり、ありそう、と思わされます。ラストシーンが鮮やかで、爽やかな読後感を得られます。

優秀作品

ピックアップルーキー