このページのリンクアドレス

エブリスタ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第73回「桜の木の下で」

SNSで特集情報をお届けします!

5分で読める短編小説シリーズ

イベント名

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第73回「桜の木の下で」

スケジュール

・募集期間: 2018年3月20日(火)11:00:00 ~ 2018年4月22日(日)23: 59: 59
・中間発表:なし
・最終結果発表:2018年6月中旬予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)
※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります。(収録を依頼する場合には、受賞者に別途、ご連絡させて頂きます。)
短編小説シリーズ「5分シリーズ」
※受賞作品はエブリスタ公式SNS等で配信・紹介等される可能性があります
優秀作品(結果発表ページでご紹介)
ピックアップルーキー(結果発表ページでご紹介)
※大賞・準大賞・入賞作品を除く上位30作品を優秀作品として、結果発表ページでご紹介します。
※上位30作品まであと一歩だった作品の中で募集期間終了日より3ヶ月以内に会員登録された新規作家の作品を、ピックアップルーキーとして数点、結果発表ページでご紹介させて頂きます。

募集内容

新作限定!初心者大歓迎!
三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第73弾です。
今回のテーマは
「桜の木の下で」
です。
どこかに必ず「桜の木の下」というロケーションが登場する妄想を投稿してください。

・桜の木の下で再会を誓った10年後、約束の日に現れたのは別人で……!?
・ある日、母が大切にしていた桜の木の下に赤子が捨てられていた。その子は成長するにしたがって、おかしな言葉を口にするようになり……。
・桜を見つけるたび、その根元を掘り返そうとする友人。その行動に隠された秘密とは?

桜に紐づけられた、出会いの記憶、儚い想い、妖しい魅力……。桜の美しさは、シチュエーションによって様々な側面を見せてくれます。
桜の木の下には、どんな物語が埋まっているのでしょうか。あなたの妄想、お待ちしています。
過去の妄想コンテストはこちら

応募要項

・本イベントの募集期間内に新規投稿された作品。
・文字数は100文字(三行程度)~8000文字
※制限文字数未満又は以上の作品は選考対象外となります。
※非公開設定している作品は、選考対象外となります。
※連載中で未完結の作品の場合、更新頻度の高さや募集期間終了時点での作品の完成度も含めて選考いたします。

次回予告

次回の妄想コンテストは本イベントと平行する形で2018年4月4日(水)より開催いたします。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

みんなのコメント

Twitterの反応

仕立屋さんの徒然なる日々(妄コン用短編)

小説 ヒューマンドラマ

仕立屋さんの徒然なる日々(妄コン用短編)

仕立屋・藤宮【桜の木の下で】

麻生璃藤

仕立屋さんにやってきた、今日のお客様は……。

完結

4ページ

零れ桜

小説 恋愛

零れ桜

樹里

彼が桜に見たものは

完結

12ページ

だんご桜

小説 歴史・時代

だんご桜

くり

身分差の 悲しき恋の 物語

完結

11ページ

橋の向こう側

小説 詩・童話・絵本

橋の向こう側

ひとかぴ

休載中

2ページ

不思議はいつもそこにいた

小説 現代ファンタジー

不思議はいつもそこにいた

「なにか来る」 不思議はいつもそこにいたシリーズ5

ことり

聖の元に集まった本来ヒトではない仲間たちが見据えている未来とは・・・・・・

完結

9ページ

譜面の花屑

小説 恋愛

譜面の花屑

秋吉キユ kiyu akiyoshi

なんて優しいピアノを弾くんだろう

完結

19ページ

選考結果発表

花見で一波乱、桜の精、死体が埋まっている、告白……と、どうしてもネタが似通ってしまうなかで一歩進めてどう拡げて物語にできるか、という技くらべだった印象の回でした。さらに細部がキラリと光っているともう一歩抜け出て見えます。全体的に非常にレベルの高い回で、色々な技のある短編が集まったように思います。そんな技ありの短編たち、ぜひ読んで味わってみてください!

大賞(賞金3万円+選評)

願わくは、花の下にて

小説 ヒューマンドラマ

願わくは、花の下にて

著:朝木モコ

選評:

自然な形での死を望んでいた病人が、偶然が重なって延命措置を施されることに……。西行の歌、延命に至るまでの流れ、妻の後悔など道具立てに一分も隙が無い、完成された作品です。読者は深い感動に包まれるでしょう。

準大賞(賞金2万円+選評)

譜面の花屑

小説 恋愛

譜面の花屑

著:秋吉キユ kiyu akiyoshi

選評:

ピアノと中学生の淡い恋。起承転結がしっかりしており、特に転の部分がピアノというアイテムを活かした若い激情に溢れていて、その若さが気持ちよく胸に刺さりました。文章表現もくどすぎず情感豊かで、切なさを胸に残してくれます。

入賞(賞金1万円+選評)

桜が舞ったら

小説 青春

桜が舞ったら

著:眠空

選評:

とてもかわいい高校生の恋路。卒業式の主人公の突飛な行動から思いがけない方向に話が転がりつつも、主人公の高校生活を振り返っていく丁寧な演出が良いです。何を見せたいかの軸がしっかりしており、ブレずに全てをバランスよく描けています。

佳作

きのこ雲

小説 SF

きのこ雲

著:井川林檎

選評:

ずっと終わらない花見の宴会、その正体は…。笑いながら読める文体なのに、少しずつ奇妙な世界に引きずり込まれていく妙な引力のある作品です。最後の空恐ろしさと奇妙な味わいがクセになります。

僕の満開があなたの上で舞い散る時、幕が上がるのか下りるのかは、あなたに委ねようと思う。

小説 ヒューマンドラマ

僕の満開があなたの上で舞い散る時、幕が上がるのか下りるのかは、あなたに委ねようと思う。

著:ムラタ マユミ

選評:

ずっと生き別れていた母と子。冒頭の桜の描写が独特で、風景を切り取る巧みさになんとも言えず引き込まれます。再会する親子のぎこちなさが細かい仕草できっちり描かれ、二人の服装などの道具立ても効果的に機能しています。そこからのラストシーンにはちょっと胸を締めつけられました。

青い春、芽吹く。

小説 恋愛

青い春、芽吹く。

著:津蔵坂あけび

選評:

妄想を書き散らしていた主人公は、ひょんなことから脚本を書くことになり……。テンポよく楽しく読める、正統派キュンキュン青春ラブです。気持ちいいツボをしっかり押さえながらお話が展開していくのが良かったです。

猫の話 【桜】

小説 現代ファンタジー

猫の話 【桜】

著:井戸中かわず

選評:

隣家の桜をめぐるワンシーン。絵が切なくも綺麗に浮かぶ文章です。全体の雰囲気がとても良く、世界観に引き込まれます。

きみの汗でご飯を炊きたい

小説 恋愛

きみの汗でご飯を炊きたい

著:Nemesis

選評:

オタクの日常が的確に切り取られた怒涛の一作です。勢いがあり、会話のやり取りもテンポよく、恋愛ものですがおかしさと可愛さと気持ち悪さが詰まっています。一見散らかっているようで、実はしっかりと構成されています。

咲かない桜を愛したおばあちゃんの話。

小説 ヒューマンドラマ

咲かない桜を愛したおばあちゃんの話。

著:西野 塔

選評:

看護師さんが見送るおばあちゃんと桜の物語です。主人公が、自分で取り寄せた桜の大枝を最終的にどうしたか、その行動が光っていました。おじいちゃんの可愛さも引き立っています。

白い手

小説 ヒューマンドラマ

白い手

著:さわな

選評:

人を殺したことがあると言う祖母が桜の下に埋めたというものは…。ホラー風味から一転する物語です。祖母の存在感がしっかりと物語全体を貫いており、深い余韻を残してくれました。

優秀作品

ピックアップルーキー