このコンテストは受付を終了しました

三行から参加できる 超・妄想コンテスト  第122回「それからの日々」
長いタイムスパンを描く必要があるお題だったかと思います。それを短編にまとめる方法がそれぞれにトリッキーで楽しい回でした。書かれていること以外の内容をいかに読者に伝えるかで、壮大な物語を短く見せる手腕が問われていたようにも思います。

大賞(賞金3万円+選評)

「玄関のドアがさまざまな場所につながる」超常現象に巻き込まれた家族は……。描かれているのはSF的な世界観ですが、緊急事態宣言下の状況をより鋭い線で描いた作品にも見えました。家の外に出るたびにまるで違う世界が見えるというあり得ない状況に不思議とシンパシーを感じてしまう、凄い作品です。

準大賞(賞金2万円+選評)

木目に吸い込まれた女性と、彼女に心惹かれていく青年の物語。登場人物それぞれにどことなく影があり、少しずつ狂気を帯びていくストーリーに引き込まれました。短文の構成が不気味なリズムを醸し出して、物語に読者をのめり込ませる効果を発揮しています。

入賞(賞金1万円+選評)

女性ながら声が低いことにコンプレックスを持っていた主人公。その特徴を生かし、声優として大成した彼女は、親友の結婚式で地元に戻った際、あるハプニングに巻き込まれ……? 彼女にコンプレックスを与えた張本人がじつは……という王道のラブストーリー。イケメンボイスな女性声優というのも想像力をかきたてられます。シーンのひとつひとつがダイナミックで爽快感がありました。

佳作

妻を亡くし、日々の彩りを失った和菓子職人が出会った少年。彼との束の間の交流が、職人に小さな力を与える。喪失感に打ちひしがれていた老人が、少年の言葉に励まされ、生きる希望を見つけるまでの行程が丁寧に描かれた感動の作品です。
見世物小屋の悪い人間に捕まってしまった、森の小人。同じように捕らえられてしまった少女との小さな脱出劇が幕を開ける……。ファンタジックな描写が美しく、情景が目に浮かぶようでした。
魔王を退けた勇者の望みは、つつましやかな暮らし。しかし彼に連れ添う妻には、なにやら秘密があるようで……。定番の展開からの、さらなる定番をさっぱりとした文章でまとめあげてあり、短編として「読んだ満足感」がしっかり得られる作品です。
夫の不倫をきっかけに独身に戻った主人公は、ピアニストとして、才能にあふれる少女を育成することに情熱を傾けていくが……? 元夫からの手痛い反撃に心を貫かれた主人公が、教え子と心を通わせることで癒されていく姿がじつに印象的。ラストのちょっとした毒はやや陰険ながら、元夫に対するささやかな報復として小気味よいです。
不思議な力に導かれ、世界大戦の戦場から邪馬台国へとタイムスリップした主人公。そこで彼はヒミコと出会い、国を護るために奔走するが……。いまだに詳細が不明である邪馬台国の謎を、独自の解釈で物語とした意欲作です。最後まで夢中で読んでしまいました。

超短編賞

昔話を題材にした超短編。あの有名な昔話が生まれるに至った経緯とは? 誰もが知っている昔話を少しずつ引用することで、超短編ながら濃密な物語になっています。引用の仕方にもセンスを感じました。ちょっぴり狂気の入った世界観で、この短編を読んだ後の妄想が読者それぞれに広がりそうです。

続きが読みたい賞

憎からずも恋愛には至らない、複雑な感情を抱いていた同級生との数年ぶりの再会が主人公にもたらすものとは? 不器用ながら酸いも甘いも経験してきた男女が、大人になってあらためてどんな関係を築くのか、とても先が気になりました。

トンデモ賞

他者とのコミュニケーションを苦手とする国民性へのテコ入れとして導入された「ユーモラスシステム」。それは日常的に「お笑いバトル」が強制されるというもので……。「お笑いバトル」の着想もさることながら、ゲームシステムがとてもよく練られていて面白かったです。物語のテンポもいいので、最後まで小気味よく楽しめました。

優秀作品

ホラー 完結
6分 (3,559文字)
スケジュール
・募集期間: 2020年3月11日(水) 12:00:00 ~ 2020年4月12日(日) 27: 59: 59 ・最終結果発表:2020年5月下旬頃予定
賞
大賞(賞金3万円+選評)1作品 準大賞(賞金2万円+選評)1作品 入賞(賞金1万円+選評)1作品 佳作(選評)数作品   超短編賞(選評)  続きが読みたい賞(選評)  トンデモ賞(選評) ※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります。(収録を依頼する場合には、受賞者に別途、ご連絡させていただきます。) 短編小説シリーズ「5分シリーズ」 ※受賞作品はエブリスタ公式SNS等で配信・紹介等される可能性があります。  優秀作品(結果発表ページでご紹介)  ピックアップルーキー(結果発表ページでご紹介) ※大賞・準大賞・入賞作品を除く上位30作品を優秀作品として、結果発表ページでご紹介します。 ※上位30作品まであと一歩だった作品の中で募集期間終了日より3ヶ月以内に会員登録された新規作家の作品を、ピックアップルーキーとして数点、結果発表ページでご紹介させていただきます。
募集概要
新作限定!初心者大歓迎! 三行だけでも中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、 第122弾です。 今回のテーマは、「それからの日々」です。 どこかに必ず「それからの日々」のシチュエーションが登場する妄想を投稿してください。
・宝くじの一等が当たった!仕事を辞めて、悠々自適に暮らすことにしたけれど? ・夢を叶えるため恋人と別れた。けど納得して決めたのに、彼のことが忘れられなくて…… ・魔王が倒された世界。それは魔界の領土を巡り、各国の戦争が絶えない世界だった。
春は出会いと別れの季節。人生の転機を迎える人も多いでしょう。それぞれの選択、その先にある物語とは? そんな「それからの日々」にまつわるあなたの妄想をお待ちしています! 過去の妄想コンテストはこちら
応募要項
・本コンテストの募集期間内に新規投稿された作品。 ・文字数は100文字(三行程度)~8000文字 ※制限文字数未満又は制限文字数を超えた作品は選考対象外となります。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。 ※連載中の作品の場合、募集期間終了時点での作品の完成度も含めて選考いたします。
注意事項
選評の送付や書籍化の打診は、エブリスタに登録されたメールアドレス宛にご連絡いたします。迷惑メール防止の為にドメイン指定受信の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがございますので、「@estar.jp」を受信できるよう設定して下さい。

次回予告

次回、妄想コンテスト第123回のテーマは「お金がない」です。 本コンテストと平行する形で2020年3月25日(水)より開催予定です。 ※作品は次回の妄想コンテスト第123回の募集期間内に新規投稿してください。募集期間前に投稿した作品はご応募いただけませんので、ご注意ください。

コンテストの注意事項(必読)

超・妄想コンテスト