このコンテストは受付を終了しました

三行から参加できる 超・妄想コンテスト  第117回「目が覚めたら白」

SFや寓話性の高いものなど、不思議な物語がたくさん集まった回でした。今回のように難しいお題の場合、具体的な小物にお題を落としこむなどのテクニックが光る方が目立つ印象です。さまざまな「白」の姿をお楽しみください。

大賞(賞金3万円+選評)

妻に先立たれた主人公は、娘のハンカチを洗おうとして間違えて真っ白にしてしまい……。慣れない家事育児に余裕がない主人公のギリギリの心情や、妻に対する想いを持ちながらも悲しみに浸る暇もない日常の様子がよく伝わってきます。主人公を応援しながら、涙がこぼれる作品です。

準大賞(賞金2万円+選評)

お金が儲かるという怪しいWeb広告についついつられて、怪しいアンケートに答えたところ……。ブラックな短編です。身近なところに思わぬ落とし穴があるのかもしれないと、ゾクッとさせられました。

入賞(賞金1万円+選評)

あらゆる創作が禁止された世界で、自分が小説家になる夢を見てしまった彼は……? ラスト1ページ、想像力が伝染していく様子が非常に示唆に富み、想像力の性質について考えさせられました。

佳作

死んだと思ったら、そこは白い空間で……。「人生は思ったよりももうちょっとだけ素敵なものかもしれない」「もう少し生きることを足掻いてもいいのかもしれない」と思わせるような、柔らかなヒューマンドラマです。
目覚めたら保健室のベッド。彼が看病してくれていて……。甘酸っぱく、繊細な言葉遣いで身もだえするような恋のワンシーンを描いた作品です。
目の見えないぼくに、母が教えてくれた「色」とは……。ふだん見ている何気ない景色も輝いて見えるような描写の妙がありました。親子の愛情が優しく、静かに読者を包んでくれるような作品です。
密かに好きだった幼馴染みのアイツに彼女ができたと聞いて……。ど直球ストレートなラブストーリーです。二人のまっすぐな、突き抜けた想いの表現にキュンキュンしながら読み進めました。
どこもかしこも真っ白な部屋で見つけた、「真理」についての本。果たしてその本には何が書いてあったのか、読後の想像が膨らみました。まさに余白をうまく活かした作品で、読者を哲学的な世界にいざないます。

超短編賞

すぐ寝てしまうという特技を持つ主人公。面接でも寝てしまう彼の大逆転とは? 綺麗なオチにすっきりと笑えるショートショートです。

続きが読みたい賞

婚約破棄されてやけ酒を飲んでいたら……。突然のスパダリとの出会い、そして恋のはじまりが切れ味鋭い文章で描かれています。キャラクターがビシッと立っており、この後ふたりがどうなるのかとても気になる作品でした。

トンデモ賞

日常の中の非日常にニヤリとできます。コミカルで、ゆるい中に大変な事件がたくさん詰まっていて、背景の想像が膨らむ作品です。

優秀作品

スケジュール
・募集期間: 2019年12月25日(水) 12:00:00 ~ 2020年1月26日(日) 27: 59: 59 ・最終結果発表:2020年3月中旬頃予定
賞
大賞(賞金3万円+選評)1作品 準大賞(賞金2万円+選評)1作品 入賞(賞金1万円+選評)1作品 佳作(選評)数作品   超短編賞(選評)  続きが読みたい賞(選評)  トンデモ賞(選評) ※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります。(収録を依頼する場合には、受賞者に別途、ご連絡させていただきます。) 短編小説シリーズ「5分シリーズ」 ※受賞作品はエブリスタ公式SNS等で配信・紹介等される可能性があります。  優秀作品(結果発表ページでご紹介)  ピックアップルーキー(結果発表ページでご紹介) ※大賞・準大賞・入賞作品を除く上位30作品を優秀作品として、結果発表ページでご紹介します。 ※上位30作品まであと一歩だった作品の中で募集期間終了日より3ヶ月以内に会員登録された新規作家の作品を、ピックアップルーキーとして数点、結果発表ページでご紹介させていただきます。
募集概要
新作限定!初心者大歓迎! 三行だけでも中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、 第117弾です。 今回のテーマは、「目が覚めたら白」です。 どこかに必ず「目が覚めたら白」のシチュエーションが登場する妄想を投稿してください。
・冬の朝、窓を開けると一面銀世界に!そこで主人公が考案した、斬新な雪遊びとは? ・見知らぬ相手に襲われて、気が付くと、何もない真っ白な部屋に閉じ込められていた。 ・目を覚まして時計を見たら出勤時間を過ぎていて、頭が真っ白になった……
雪が降りにくい地域だと朝、雪が積もっているだけでテンションが上がったりしますよね。 そんな「目が覚めたら白」にまつわるあなたの妄想をお待ちしています! 過去の妄想コンテストはこちら
応募要項
・本コンテストの募集期間内に新規投稿された作品。 ・文字数は100文字(三行程度)~8000文字 ※制限文字数未満又は制限文字数を超えた作品は選考対象外となります。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。 ※連載中の作品の場合、募集期間終了時点での作品の完成度も含めて選考いたします。
注意事項
選評の送付や書籍化の打診は、エブリスタに登録されたメールアドレス宛にご連絡いたします。迷惑メール防止の為にドメイン指定受信の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがございますので、「@estar.jp」を受信できるよう設定して下さい。

次回予告

次回、妄想コンテスト第118回のテーマは「バケモノ」です。 本コンテストと平行する形で2020年1月15日(水)より開催予定です。 ※作品は次回の妄想コンテスト第118回の募集期間内に新規投稿してください。募集期間前に投稿した作品はご応募いただけませんので、ご注意ください。

コンテストの注意事項(必読)

超・妄想コンテスト