このコンテストは受付を終了しました

未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン 「男性視点の恋愛」

大賞

勇気を出した告白を「好きな女の子がいるから」と高月から断られる歩夢。大学生になった彼は、彼女と再会します。奔放な生活を送っている高月。戸惑いながらも、彼女の力になろうとする歩夢の気持ちが伝わってきました。「都合のいい協力者」の立場でもいいから、側にいたい心情には迫真性があります。物語のキーアイテムに使われるスイーツの描写にも非常にシズル感があります。予測できない恋の行方が楽しみなストーリーです。続きを楽しみにしています。

準大賞

貴之が「唯一無二の姫」と呼ぶ志麻。つきあってはいないのに“恋人以上”の特別な絆。この難題を成立させている筆力が圧巻です。志麻が恋人に出す条件はシンプル。眠る前にタイトル通りの行為を実行してもらうだけです。もし1度でも違えれば即破局。別れた彼女は貴之のもとへ。幼なじみの2人が共に迷い、苦しみ、成長していくプロセスが丹念に描かれています。この関係に出口はあるのかを考えさせられる作品でした。

入賞

嘘の告白に相手は1日1回ガチャで行動を決める条件付きのOK。このガチャのアクションを自分達で設定します。一体、主人公カップルがどんな順番で実行していくのかワクワクする幕開けです。以降、要所要所で使われる小道具としてのガチャの演出が巧みです。でも、楽しいイベントとして進むガチャには、彼女の抱える昏い部分が関係していました。ホッコリさせた次にはハードな展開と、読み手もガチャを回す感覚で楽しめる作品です。
帰宅する咲良を迎えに来た雅文。でも、雅文はストーカーと化した元カレでした。駅から一緒に帰る2人のピリピリした緊張感の演出が巧みです。回想で語られる出会いの場面では、ふつうのなれ初めだったことがわかります。なぜ雅文は変わってしまったのか。この魅力的な謎で読者の興味をグイグイ引っ張ります。必要な描写が取り揃えられていて、キャラの動きをイメージしやすい。一筋縄ではいかない展開に目が離せなくなります。
上質な文章が読みやすいです。恋多き俳優が、初めて本気で女性を好きになる。相手は映画の共演者である新人女優。だが、既婚者である彼にとっては禁断の果実。海外での映画ロケという華やかな世界と、男女の密やかな恋が同時進行します。うまくいっているときに、ふと感じる不安など微妙な心理も繊細に表現できています。危うい男女関係ゆえに燃え上がる美しさと不確実性が凝縮されていました。
通常の学園モノとはひと味違うファンキーな物語です。クセのある登場人物が醸し出すオフビートなノリが絶品です。とくに主人公の“ルタ”の皮肉タップリで、ガツンとくる言動が最高でした。そして、蠱惑的な誘惑でコミュニティを破壊する里瀬。強力な個性の持ち主2人が生む化学反応が、ストーリーの熱量を上げてくれます。表現や展開に多くのオリジナリティを感じました。今後も楽しみな秀作です。
ファーストタッチで読者をひきつける物語です。婚約者を亡くした千秋に“婚約”を迫る10歳の彼方。「私の秘密を知れば受ける」と勝負をもちかける千秋。聡明で気高い彼女は魅力的なキャラクターに仕上がっています。「私の秘密」という漠然とした設問を、ロジカルに絞り込んでいく流れが巧みです。読者が思いつく疑問を、彼方が物おじせずに千秋に尋ねて解消していく。恋愛とミステリーの理想的な融合を堪能できました。

佳作

禁断のオフィスラブが、明晰な文章で綴られています。妻子ある身なのに、部下のミツと逢瀬をくり返す主人公。矛盾とジレンマを抱えながらも、背徳の時間を1日ずつ積み増していきます。登場するキャラがみな“大人の対応”をする姿に感服しました。子供じみた感情を振り回す人物がいないため、ストーリーは静かに進行します。しかし、ひとりひとりの胸の中にある複雑な感情の渦巻きが伝わってくる演出が上手いです。
他人の恋人に横恋慕しやすい。でも、浮気相手が本気になったら逃げる。主人公である常磐のほどよい“チャラさ”が、物語では魅力的に映ります。そんな彼がシングルマザーと出会って、徐々に変化を見せていく。最初は“感じの悪い知り合い方”をするのは、後に仲良くなるための布石として最高です。お互いに取り繕わずに、本音をぶつけられる相手。恋愛観の違う男女の喧嘩を、テンポよく楽しめる形に仕上げています。
複数の男女の思惑が複雑に絡み合う恋愛ストーリーです。適度な距離感を保てる“親友”が一番都合がいい。そう思っていたはずなのに、ステディな関係ではないからこそ、不安定になりやすい。だから、ストーリーに起伏が生まれます。独りよがりに将来プランを立てても、相手の気持ちに寄り添っていなければ色褪せてしまう。自分中心の“男性視点”が、いい意味で各キャラの喜怒哀楽を際立たせてくれる作品でした。
コウが体験する“面倒臭い週末”がゴキゲンなテイストで描かれています。高校時代の元カノ、カナコ。10年以上前に別れ、夫もいる彼女に、頭が上がらない彼の様子が愉快です。彼女に迫られても、簡単に受けるわけにはいかない。そんな葛藤と、カナコに向ける優しい目線が、危険な恋をふんわりコーティングしています。2人の関係が上昇カーブを描いて、盛り上がっていく。欲望ではなく、信頼と温かみによって結ばれるのが胸を打ちます。
純粋でストレートな“アオハル恋愛”の作品です。佐藤まひろは、2年先輩で人気抜群の翼に片想いをしています。ネガティブな性格だけど、応援したくなる主人公。小悪魔的なヒロイン。読み手を高揚させるまっすぐな演出が随所に見られました。告白を決断し、彼女を探して学校中を疾走する場面は、とくに“ドライブ感”があります。さらに予想外のサプライズ展開で、読者を楽しませる時間が長く続く物語です。
彼氏がいる相手への複雑な想いがせつなく描けています。図書館の勉強は、2人の距離が縮まる密やかな時間。踏み出してはいけないとつれない態度を取るけど、心中には真逆の気持ちが渦巻いています。彼女のささいな言葉でも、つやめいて聞こえる男子の内面が愛らしい。主人公がピュアさと俗っぽさをほどよく兼ね備えているため、血肉の通った人間に見えます。ふんわりした文章に、熱いパッションを感じる作品でした。
会長の真木の凛とした態度に魅かれて「うさぎを愛でる会」に入会する桂司朗。クールビューティな真木が、うさぎに接するとデレる姿はキュートな描写です。真木と親密になる目的で入会した司朗が“うさぎファースト”な彼女に戸惑うコミカルな展開。彼女の目を自分に向けさせるため、必死でうさぎの世話に取り組む主人公も健気です。好感のもてるキャラクター造形が見事。いつのまにか、うさぎへの愛着も湧いてきます。
妻の本心が見えないスリラーとしても優れています。偶然「離婚を考えています」の妻のブログを見つけてしまう夫。別人としてネットで接触すると、家庭で見せるのとは違う妻の内面が次々にわかります。主人公の心情描写に臨場感があって生々しいです。読者に困惑と不安がリアルに伝わってきます。でも、ネットでつながる別人としての関係は、まるで新たな恋愛のように瑞々しい。人を愛するとは何かを考えさせられる作品です。
純度が高く、透き通った恋愛ストーリーです。俊が憧れ、認めてもらいたかった相手、冬華。神童といわれた女流棋士は、心を閉ざした状況に……。主人公が彼女の心を癒す奮闘ぶりが健気です。メッセージに“既読”が付くだけで嬉しい。時々、将棋にまつわる例えを挿入するのも、いいアクセントになっています。人の幸せは「かつて存在していた過去の延長線上」だけにあるのではないと教えてくれる作品でした。
喫煙者にとっての安らぎの場で一目ぼれ。半年間の秘めた恋。偶然も手伝って、一気に2人の距離が縮まるのはドラマチックです。細かいことにこだわらないリサを魅力的な女性に描けています。しかも、中盤に衝撃のカミングアウト。彼女が明かした正体によって、物語は奇々怪々な風味を醸し出していきます。後半のクライマックスに移るにつれ、台詞のボリュームをグンと増やして、一気にテンポアップする演出が光っていました。
整った硬質の文章で写実性の高い作品です。抑制の効いた描写なので、読んでいて情景をありありと思い浮かべられます。智哉が18年ぶりに再会した佳奈恵は「3ヶ月限定の不倫」を提案してくる。何事も割り切れるのが大人なのか。生きている実感が欲しい。切実なメッセージが伝わってきます。余命も3ヶ月の相手にどう接するのが正しいのか。読み手にさまざまな課題を突き付けてくる刺激的なストーリーでした。
占領地に配属されたハオラン。彼は食堂で出会った娘シンイーと恋に落ちます。占領下で2つの国の立場の違う男女。もし違うシチュエーションで出会えていたら、恋愛の形が変わったかもしれないと思えます。自分は相手からどう見えているのか。真剣に悩み、悶々とするハオランの心情には共感しやすいです。淡々と流れていく日常にある日、突然終わりが告げられる。なのに、読んでいて心が温かくなる作品でした。
募集概要
良い作品を執筆したい!というあなたの気持ちをエブリスタが応援します! 「未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン」!! 【コンテストの特徴】 執筆意欲を応援するために、3つの特典をご用意しました! ・優秀15作品以上に、作品へのアドバイス ・大賞受賞者には、キングジム社の「pomera DM200」をプレゼント ・準大賞作品以上は完結後に、「完結作品特集」へ掲載 【こんな方にオススメ!】 書きかけの作品、眠っていませんか?  書きかけの作品も積極的に応援します!  眠っている作品、構想段階の作品でも、どしどしご応募ください! 昔書いた作品、アイディアはいいと思うんだけどなあ……  このコンテストに応募すれば、さらに良い作品にできるかも!?  ぜひ昔の作品にもう一度光を当ててみてください! どんな風に続きを書くか迷ったときは、こちらの記事を参考にしてみてください。 書きたい気持ちに火がつくメディア monokaki(創作ハウツー)
募集テーマ
第20回目のテーマは「男性視点の恋愛」です。
・しがない行商人のおじさんが、なぜか一国のお姫様と一緒に旅をすることに? ・出来心で浮気をして、彼女にフられた。よりを戻したい一心でとった行動とは…… ・大好きなギャルゲーの世界に転生した俺。転生先は……推しキャラの飼い犬!? ・初恋のあの人は、十歳も離れた小学生のぼくを恋愛対象として見てくれない。
など、「男性視点の恋愛」の要素を含む小説を募集します。 次から次へとページをめくってしまうような、続きが気になるお話をお待ちしております!
スケジュール
・募集期間: 2020年4月21日(火)12:00:00 ~ 2020年6月21日(日)27: 59: 59 ・最終結果発表: 2020年9月上旬頃予定
賞
大賞 1作品 ・賞金3万円 ・作品へのアドバイス ・キングジム社「pomera DM200」をプレゼント ・完結後に特集掲載※ 準大賞 1作品 ・賞金2万円 ・作品へのアドバイス ・完結後に特集掲載※ 入賞 5作品 ・賞金1万円 ・作品へのアドバイス 佳作 10作品以上 ・作品へのアドバイス
大賞の方にプレゼント!
※ 特集掲載は、受賞から半年以内に完結した作品を対象とさせていただきます(投稿時に完結している作品も含まれます)。完結後、受賞連絡時にお伝えする宛先へご連絡ください。ご連絡を頂けなかった場合は、特集掲載できない場合がございます。 ※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタ公式SNS等で配信、紹介等される可能性があります。
応募要項
・文字数は20,000文字以上 ・20,000文字まで読んで選考、作品へのアドバイスをいたします。 ・連載中の作品も応募OK! ・すでに完結している作品 並びに エブリスタ内の公式コンテスト及び他サービス等の投稿コンテストで落選した作品を、募集内容に沿うように再構成してご応募いただくことも可能です。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。
注意事項
選評の送付や書籍化の打診は、エブリスタに登録されたメールアドレス宛にご連絡いたします。迷惑メール防止の為にドメイン指定受信の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがございますので、「@estar.jp」を受信できるよう設定して下さい。

コンテストの注意事項(必読)