このコンテストは受付を終了しました

未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン「同居/共同生活/居候」

大賞

誌的な表現が散りばめられた優美な文章です。しかも、アクション場面には躍動感がある。静と動のエンタメの要素が素敵なアンサンブルを奏でています。海賊狩りや用心棒を生業とする元軍人ダニエル。ヒーローの力強さと、孤独な影を兼ね備えています。そんな彼が科学者のオリビアと同居するハメになる。相反するタイプの2人が反発し合いながらも、共通の目的に向かっていく。ロマンが詰まったアクション小説でした。

準大賞

洗練された文章なので、滑らかに文字を追えます。ファッションや小道具、なにげないしぐさで登場人物の性格を描写するのも上手い。母親と同じ年齢なのに、自由に生きている七海。彼女に預けられた16歳の凜がヒロインです。親を反面教師にしてきた凜が、初めて好きになれる大人を見つける。自分を否定してきた彼女が、東京で違う世界を体験し、少しずつ成長していきます。吉祥寺の町並みを素敵な空間に感じる作品でした。

入賞

ひょんなことから先輩である助教授が、カワウソに変異する秘密を知ってしまう美織。彼女とカワウソの不思議な共同生活が始まります。憧れの男性と同居なのに、家ではカワウソ状態の時間が長い設定はコミカルです。ひとつ屋根の下にいながら、カワウソと人間で物語のテイストが変わる演出は見事でした。彼がカワウソになる呪いはなぜ、誰にかけられたのか。ストーリー全体を謎解きで引っ張る巧みな構成です。
上質で躍動感のある文章です。行く場所のない同期の仲林を、OLの在原は家に置くことになります。図々しく、無神経な居候。他人と一緒に暮らすだけで、それまでの日常が崩壊していくさまを丁寧に描いています。でも、マイナス面ばかりではない。1人暮らしだったときにはなかった気持ちも芽生えていく。生活の中に生まれる温かみや潤いの素晴らしさが伝わってきます。ヒロインの恋愛の行方も楽しみな作品でした。
健一郎は囚人番号1715番。保護責任者遺棄致死罪で服役しています。ふとしたきっかけで感情が爆発しそうなヒリヒリした共同生活。刑務所内の決め事や小道具などディテールがリアルなので臨場感があります。機関誌に寄稿する原稿の口述筆記を頼まれる健一郎。反社会的な人間ではないのに、刑務所内に居場所を感じる主人公のキャラが際立っています。耐えられなかった親の介護、ネットの暴力など現代的なテーマも内包する作品でした。
大学時代の恩師から託されたロボット・エイチ。彼に対して「致命的に足りないモノを探す」という謎解き要素。宇宙には行けるけれど外国には行けない鎖国政策。設定がワンダーで、独特です。レトロSF調の小道具なども豊かな世界の構築に貢献しています。エイチが無機質だからこそ逆に癒されるという感覚にも共感します。中盤から作品の様相が変化し、ハードなストーリーに突入。まるで“味変”して2度楽しめる料理のような作品でした。
主人公の咲希、莉乃、香奈。女子高からの親友3人のシェアハウス物語。夢が一杯のときめきライフは、1人の男性との出逢いで変化していきます。明快でリズミカルな文章です。小気味よく進むストーリー展開もグッドです。何年も培われた友情を守るために、恋人役を“シェア”する契約。でも、本気になるのは禁止事項。インモラルな設定がフィクションではとても光っていました。今後の3人の成り行きが気になる作品です。

佳作

ゴキゲンでファンキーなギャル幽霊と同居するハメになった隆二。人の精気を吸う彼女は“ミイラ事件”の犯人。本来シリアスでダークなテーマをポップに見せています。ありえない存在や状況を受け入れる優しさとアナーキーさ。この2つを兼ね備えた隆二を魅力的な主人公に描けています。危うい日常に訪れるなにげないやりとりも自然です。いつ破たんしてもおかしくない2人の関係の緊張感が続く秀作でした。
男女がペアとなり、1ヶ月間、同居生活を送る実験のバイト。あかりの応募動機が報酬ではなく、婚活目的なのが面白いです。同室になったのは好感の抱ける男性。念願の恋愛が成就かと思わせて、場を荒らすキャラを投入する。2人だけで暮らした時には見えないものが、第三者の介在で浮かび上がるのは説得力があります。目玉焼きにかける調味料でキャラの性格が伝わるのも上手いです。終盤の怒涛の展開は驚きの連続でした。
玲香の家は、両親と叔父との4人暮らし。高2の彼女は、叔父の外見、内面、生き方のすべてに否定的です。うしろめたさを感じながらも、彼に冷たく接してしまう。年齢は上だけど、面倒を見なければならない相手との距離感が赤裸々に描かれています。母親や親友の存在が輝いています。彼女達が玲香によい影響を与えている素晴らしい人間関係でした。人と生活を共にする難しさや、家族の絆とは何なのかも考えさせられました。
偶然見つけた、願いをかなえてくれる本。ヒロインが手にした時に、視覚だけでなく、聴覚、嗅覚、触覚と五感をほぼフル活用して禍々しさを感じる描写が秀逸です。つまらない毎日の中で、召喚した悪魔に触りたいという彼女の気持ちには共感できました。願いをかなえるまで悪魔と同居するハメになるのは面白い成り行きです。少し傲慢な彼女が、一体どんな願いをするのか。悪魔との契約の続きを読みたくなります。
日常シーンとビジネスシーンの書き分けが見事です。日常の場面になるとホンワカした気分が醸し出される。ビジネスの場面では一転して、緊張感が漂うシリアスな雰囲気を醸成しています。幅広いタッチでドラマ作りに神経を注いでいると感じました。一緒に暮らす樹と日向。冷蔵庫のスペースのシェア問題など、共同生活のあるあるも楽しめます。センシティブな樹の内面に共感する読者も多いでしょう。
成績優秀な営業部係長の三上は秘密を抱えた孤独な大人。彼が、第一印象で苦手と感じた新人・宮部。でも、宮部のために三上から同居を申し出ます。三上と宮部の出会い、宮部が家をなくすまでが自然な流れで文句のつけようがありません。対照的で、反りが合わなそうに見えた2人の関係性が変化していく面白さも抜群です。お互いが求めていたものを見つける。香り立つような豊潤な文章が、2人のドラマを引き立てていました。
20歳の花純の部屋に突然現れた幽霊ゴウくん。彼と彼女は特殊な糸でつながれてしまい、共同生活を余儀なくされます。キャラのバックグラウンドの見せ方がとてもスマートです。会話や小道具で、2人の情報が自然に提示されていく。豪快で、温かみのある花純が魅力的なヒロインでした。事故死で記憶を失ったゴウくんが成仏するために協力をします。天国に行く仕組みにも、段階的なロジックがあり、世界観に厚みがありました。
主人公の同居人さかえにとても魅了されました。奔放な行動、ドライに見えて、心の奥に熱い情を滾らせている。自信家だけれど、ジェラシーの念も強い。重層的で、捉えきれないキャラです。主人公とひとつ屋根の下で暮らしながら、お互いに秘めた気持ちを口に出せない。都会生活の毎日には自虐も入り、語り口がコミカルで読みやすいです。製品名、店名、著者名など実在のそれを使うことで、世界観のリアルさが増していました。
冒頭のシーンが鮮烈で、読み手の心を掴みます。失恋したアオコに元カレからの“間違い電話”がかかってくる。夜中、彼は勢いでアオコの家に押しかける。本来、無神経な行為なのに、タイミング的に救世主に感じるのは、見せ方の上手さです。スタイリッシュな文体は都市の生活描写にピッタリでした。調理シーンにあふれんばかりのシズル感があるのも、作品に彩りを加えています。運命の共同生活の続きが気になる作品でした。
大学生の杏奈の同居相手は、従姉妹の美月。女性2人のポップなアーバンライフが綴られています。水族館に行ったり、年越しそばを食べたり、ホラー映画を観たり……。この淡々とした日常描写には冗長な場面がありません。彼女達の台詞を中心に面白く組み立てているので、特別な事件が起きなくても、楽しく読めます。なにげないガールズトークの日々だけれど、かけがえのない時間を読者も一緒に体感できる作品です。
語り口が非常に冴えた作品です。新しいワードを出す度に、要点を的確に捉えた説明が入る。キャラやストーリーやシチュエーションを理解しやすいのでスイスイ読めます。主人公は藪坂家の居候、野十郎。船宿の28人の客の中から公儀隠密を探し出す。幕開けから魅力的なミッションです。腕に覚えのある浪人の剣劇だけでも面白いうえに、女人に変身してしまう設定やあやかしの世界観などサービス精神満点でした。
妻に先立たれた主人公が、帰宅して家事を全自動化した伴侶と出会うまでが美しい流れです。生前の妻との生活、しめやかな葬儀、彼女への思慕を丁寧に描写した後のサプライズ。怒りの反応を示す主人公もリアルです。妻の遺した想いと機械と共に過ごす毎日。ロボットやAIではないので双方向の会話にはならない。過去に録画された妻のメッセージとのかみ合わないやりとりがたまらなくせつない話です。
募集概要
良い作品を執筆したい!というあなたの気持ちをエブリスタが応援します! 「未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン」!! 【コンテストの特徴】 執筆意欲を応援するために、3つの特典をご用意しました! ・優秀15作品以上に、作品へのアドバイス ・大賞受賞者には、キングジム社の「pomera DM200」をプレゼント ・準大賞作品以上は完結後に、「完結作品特集」へ掲載 【こんな方にオススメ!】 書きかけの作品、眠っていませんか?  書きかけの作品も積極的に応援します!  眠っている作品、構想段階の作品でも、どしどしご応募ください! 昔書いた作品、アイディアはいいと思うんだけどなあ……  このコンテストに応募すれば、さらに良い作品にできるかも!?  ぜひ昔の作品にもう一度光を当ててみてください! どんな風に続きを書くか迷ったときは、こちらの記事を参考にしてみてください。 書きたい気持ちに火がつくメディア monokaki(創作ハウツー)
募集テーマ
第21回目のテーマは「同居/共同生活/居候」です。
・夫の両親と同居。最初は順調に思えたが、義両親は何か隠し事をしているようで…… ・引っ越した部屋に幽霊がいた!けど家事を手伝ってくれるらしいのでそのままにしよう。 ・とある武家屋敷に食客として居ついた男。実は異世界からやってきた魔術師で!?
など、「同居/共同生活/居候」の要素を含む小説を募集します。 次から次へとページをめくってしまうような、続きが気になるお話をお待ちしております!
スケジュール
・募集期間: 2020年5月18日(月)12:00:00 ~ 2020年7月19日(日)27: 59: 59 ・最終結果発表: 2020年10月上旬頃予定
賞
大賞 1作品 ・賞金3万円 ・作品へのアドバイス ・キングジム社「pomera DM200」をプレゼント ・完結後に特集掲載※ 準大賞 1作品 ・賞金2万円 ・作品へのアドバイス ・完結後に特集掲載※ 入賞 5作品 ・賞金1万円 ・作品へのアドバイス 佳作 10作品以上 ・作品へのアドバイス
大賞の方にプレゼント!
※ 特集掲載は、受賞から半年以内に完結した作品を対象とさせていただきます(投稿時に完結している作品も含まれます)。完結後、受賞連絡時にお伝えする宛先へご連絡ください。ご連絡を頂けなかった場合は、特集掲載できない場合がございます。 ※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタ公式SNS等で配信、紹介等される可能性があります。
応募要項
・文字数は20,000文字以上 ・20,000文字まで読んで選考、作品へのアドバイスをいたします。 ・連載中の作品も応募OK! ・すでに完結している作品 並びに エブリスタ内の公式コンテスト及び他サービス等の投稿コンテストで落選した作品を、募集内容に沿うように再構成してご応募いただくことも可能です。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。
注意事項
選評の送付や書籍化の打診は、エブリスタに登録されたメールアドレス宛にご連絡いたします。迷惑メール防止の為にドメイン指定受信の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがございますので、「@estar.jp」を受信できるよう設定して下さい。

コンテストの注意事項(必読)