このコンテストは受付を終了しました

エブリスタ×Dr.PHIL ショートアニメ原案コンテスト

 この度は、数多くの作品をご応募いただき誠にありがとうございました。  皆様の作品を読ませていただき、作品の中でメインのセリフである「最近、キレイになっ た?」と言われることで登場人物が前向きになるうれしい気持ちやわくわくする展開にど んどん引き込まれました。  そんな魅力的な作品の中から、アニメ化する大賞作品、惜しくも大賞作品に届きませんで したが、素敵なストーリーとして準大賞作品、入賞作品をそれぞれ選出させていただきま した。  これからも皆様の作品のように、我々も毎日を前向きな気持ちで過ごせるようなサポート に努めてまいります。素敵な作品をご応募ありがとうございました! (株式会社ドクターフィルコスメティクス 企画部 アクネオブランド担当)

大賞(賞金10万円+ショートアニメ化)

憧れの課長に認めてもらおうとがむしゃらに働いてきたヒロイン。おかげで肌も髪も荒れ模様だった。しかし、その課長の栄転が決まり……。期待感が高まっていったあとのジェットコースターのような展開が見事でした。後輩君の小悪魔っぽい言動に胸キュンです。

準大賞(賞金5万円)

仕事が忙しく、心も肌も荒れ模様の主人公が夜道で出会ったのは、なんとのっぺらぼう! しかし、彼女の美肌具合についこれまでの不満が爆発してしまい……。テンポよく進むので最後まで気持ちよく読み進められました。タマ子さんとの奇妙な同居生活が微笑ましく、ラストは思わず笑顔になってしまいます。

入賞(賞金1万円)

子育てに忙しく、自分に手を掛けられていない主人公。荒れた肌の救世主は……クマのぬいぐるみ!? 導入からどんな物語が展開していくのかワクワクしました。クマクマの見た目のかわいらしさが生むギャップが楽しい作品です。コミカルでテンポの良い前半、そして後半の胸キュンシーンに思わず笑みがこぼれました。
美術館で絵画修復士として働く主人公の元にその日運び込まれた肖像画には、ニキビのようなシミがあって……。修復士という特殊な仕事を今回のテーマにうまくリンクさせていて面白かったです。少しのファンタジー要素が物語に彩りを添え、魅力的に仕上がっていました。
天然パーマの髪と草食系な性格から、陰で羊くんと呼ばれる主人公。しかし職場に気になる女性が出来たことで、今こそ羊くんからギアチェンジするときだ、と決意して……。主人公の一人称で進む地の文がとても素直で面白く、するする読み進められました。登場人物たちのキャラクターも個性的で、物語を華やかに演出しています。ラストのギャップにドキッとさせられました。

佳作

広告会社に勤める主人公は、大手化粧品会社の仕事を振られ、「ずっと肌荒れが目立っている自分への当てつけか」と複雑な気持ちを抱えていた。テーマをキャッチコピーに据えることで、真正面から真面目にぶつかった、そんな印象でした。仕事にまい進する主人公を見ていて、こちらも元気をもらえるような作品です。
大学生の主人公は、年上の幼馴染が忙しく働きながらもだんだんきれいになっていくことが気になって……。男性目線から、幼馴染が誰のためにきれいになろうとしているのかと悶々と考えている様子が描かれており、読んでいるこちらも思わず悶えてしまいます。王道の幼馴染ラブストーリーにキュンとしました。
主人公は海外留学の話をもらい喜んだのも束の間、結婚を急かしてくる親のことを思って憂鬱になる。ふと夜の車窓に映りこむ自分の顔が目に入り、自分の容貌に呆然。これじゃ、人生もお肌も曲がり角だ……。曲がり角、という言葉からの連想や、他の例え話などもユーモアがあって面白かったです。幼馴染とのじれじれシーンとのギャップがたまりませんでした。
プレゼン作成の息抜きにコンビニへ行くと、気になっていた先輩から声を掛けられた。アドバイスをもらいながら段々と距離が近づいていくが……。仕事をきちんとこなす主人公たちの、地に足の着いたキャラクター造形に好感を抱きました。主人公の素直さと先輩の茶目っ気が程よいバランスでかみ合っています。物語の展開もわかりやすく、余白のあるラストにその後が気になってしまいました。
あなたの右頬が、“わたし”のお気に入りの場所。短い中に、語り手であるニキビちゃんの健気さやかわいらしさがギュッと詰まっていて、思わず「消えないで!」と願いたくなってしまいます。主人公の目線から見た恋人同士の二人もとてもあたたかい雰囲気で、癒されるお話でした。

優秀作品

仕事でのストレスから深酒をし、気付けば見知らぬ田舎の駅にたどり着いてしまった主人公。しかし、そこで懐かしい人との再会を果たし……。はじめはあわやホラー展開か、と冷や冷やしましたが、読み進めるととても面白い作品でした。本来のガッツを取り戻した主人公の反撃が爽快で、勇気をもらえる作品です。
母子家庭を支える母のもとに届いた同窓会の知らせ。ため息を吐いて欠席しようかと言う母を見た姉妹は……。物語の主軸にお母さんを持ってくる発想にしびれました。互いを思いやる家族の温かさが心にジンとくる物語です。
綺麗になることがどういう効果をもたらすかの中身がしっかり描かれていて、物語に説得力がありました。特に、指南役の同僚が実感を伴っての言葉を伝えてくれるので、主人公と一緒に励まされているようで、存在感がとても大きく感じました。
男性が主人公のお話の中でも振り切った作品で、とても印象的でした。主人公が変身していく様子が細かく描写された序盤のシーンで一気に惹きつけられます。とてもワクワクしました。その後のストーリーも、人間関係の温かさが物語に厚みを与えてくれています。読み応えのある作品でした。
合コンで出会っていい雰囲気だと思っていた相手に彼女ができ、失恋してしまった主人公。せっかく彼のためにキレイになったのに……。 テーマワードの使い方にひねりがあって印象に残りました。打てば響くような気の置けない二人のやり取りから、グッと距離を詰めてくる緊張感のギャップにドキッとさせられました。
お互い仕事が忙しく、なかなか恋人と会う時間を作れないでいた主人公。しかし、ある日疲れて自宅に帰ると、居るはずのない彼が笑顔で迎えてくれて……。しっかり者の彼女と優しい年下彼氏の王道ラブストーリーです。どこを読んでいても甘い。どっぷりと甘い物語に浸れました。
ヒロインが打ちのめされる前半のシーンからどう展開していくのか、と前のめりで読み進めました。つい卑屈になってしまう彼女の気持ちを思うと胸が締め付けられ、応援したくなります。アドバイザー役のキャラクターの大人の魅力が、作品全体をグッと引き締めてくれていました。
母子家庭で育った主人公は、母が求める「男らしさ」を演じ続けていた。“何か”を求める自分の心を押し殺して……。自分を抑えていたころの無味乾燥具合から、魔法を手にして一気に世界が色づく変化がとてもリアルで心を鷲掴みにされました。母の愛を感じるラストシーンも、胸に迫るものがあります。
肌が弱くすぐに荒れてしまう主人公は、肌を隠すためにいつもマスクを着けていた。しかし、好きな人から言われた言葉をきっかけに、そんな自分を変えようと決心し……。火付け・指南役のネイリストさんの考え方がとにかく素敵で、彼女のセリフには誰もが勇気をもらえるのではないかと思います。まずネイルから変えるというのも他の作品にはなかなかない視点だったので、目からうろこでした。想い人のカッコよさに見合う、主人公の成長っぷりにグッときます。
・募集期間: 2020年6月8日(月) 12:00:00 ~ 2020年7月12日(日) 27: 59: 59 ・最終結果発表:2020年9月頃予定
<株式会社アーツビジョン 公式プロフィール>
※1~3分程度のショートアニメになる予定です。 ※ショートアニメは、株式会社ドクターフィル コスメティクスから発売される大人ニキビケア商品のPR動画として利用されます。
※制限文字数に達していない作品・制限文字数を超えた作品は選考対象外となります。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。 ※第三者の著者権その他権利を侵害した作品(他の作品を模倣するなど)は判明した時点で応募が無効となります。 ※連載中の作品の場合、募集期間終了時点での作品の完成度も含めて選考いたします。 ※エブリスタ内の公式コンテスト及び他サービス等の投稿コンテストで落選した作品を、募集内容に沿って再構成の上、新規で投稿した作品も応募可とします。 ※本イベントは受賞作品を原案としてショートアニメ化を予定していますが、アニメ化がされることを保証するものではありません。また、制作の都合上、原案から内容を変更した上で制作させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

コンテストの注意事項(必読)