特集 美味しい物語

食欲の秋、到来 今回ご紹介するのは「特集 美味しい物語」! 心満たされる大正浪漫ミステリーや、あたたかな空気が流れる小料理屋を舞台にしたヒューマンドラマ、手作り味噌と料理をテーマに描かれたラブストーリーなど、美味しい料理に纏わる物語を集めました! 最後までじっくりとお楽しみください♪

イチオシ作品

大学一年生の時、「自分好みの料理が作れないから」という理由で恋人に振られた琴音は、それをずっと引きずったまま料理をすることから遠ざかっていた。そんなある日、腱鞘炎になってしまった母の代わりに、手作り味噌についての講習会に行った琴音はそこで、何かを作るということの楽しさを思い出していく。その日を契機に前を向き始めた琴音は、料理を通じて世界を広げていき――。手作り味噌と料理をテーマに描かれるラブストーリー。

ミステリー

明治の文明開化を経て洋風文化が広まり始めた大正時代、ある街に、まるで宝石で細工したかのように美しいケーキを出す店「黒田彩菓茶房」があった。そこでは、観察眼に優れる心優しいマスター・黒田誠一によるお悩み相談が繰り広げられている。彼が作るお菓子には、お客さん一人ひとりの物語が込められていた。黒田彩菓茶房で働く女性・桐島薫子とマスターは、今日もお客さんを迎え入れ、彼らの持つ物語を解き明かしていく。美味しいスイーツと心優しいマスターの、大正浪漫ミステリー。
深夜のコンビニにタクシーが突っ込んでくるところに居合わせてしまった、雀士の久留木舞と医学生の松下白翔。久留木は事故の際に負った怪我を松下に手当てしてもらうことになるが、事故の時に感じたものよりも大きな恐怖を、松下に対して抱く。けれど押しの強い松下に負け、久留木は彼と一緒に過ごすことになり……? 松下の周りで多発する「偶然の事故」と、それに巻き込まれていく久留木。隠された謎から目が離せない、ご飯×ミステリー小説。

ヒューマンドラマ

24歳の花村茉莉奈は、母・香澄と共に大阪の地で「小料理屋はなむら」を営んでいた。こじんまりとしたその店は、茉莉奈が中学生の時に父・佳正が亡くなったことをきっかけに、香澄が始めた店だ。お客さんに支えられながら続いてきたはなむらには、彼女たちの料理を求めて、沢山のお客さんがやって来る。時には色んな事情や思いを抱えながら――。読むと出てくる料理が食べたくなってしまう、温かな空気が流れる小料理屋を舞台にした物語。
オフィスビル街で昔ながらの弁当屋に勤めていた森野ことりは、とある事情から母の暮らす小さな島へと引っ越すことになった。人口が少なく、高齢者が多数を占める狭い島で過ごしていた矢先、前勤務先である弁当屋の元同僚・隼人が島にやってくる。ひょんなことから、ことりは隼人と共に島の空いたスペースを使い、小さなお店を営むことになって――。店の目印は大きなケヤキの木と、青い鳥が羽ばたく看板。悩みを抱きながらも前に進む、ヒューマンドラマ。
恋人との関係が上手くいかず、仕事でも失敗してしまう日々。疲れ切っていた葵はある夜、漂っているカレーの匂いに誘われ『気まぐれ飯屋、まほろ』というご飯屋さんに行き着く。待ち受けていたのはカウンターに置かれたベルトコンベアーと、性別不祥な店主だけ、という奇妙な店で、葵は“思い出コース”を頼むことに。次々と運ばれてくる料理は、どれも葵に様々な記憶を思い出させて……。不思議なお食事処をめぐる、心温まる物語。
会社員の如月まどかには推しがいる。それはアイドルや俳優ではなく、“料理を作る人と食べる人をつなぐマッチングアプリ・cooking meet”を通して知り合った、都内で暮らす男子大学生・日高蓮だった。互いのニーズが合致したため、蓮は月に数回、金曜の夜に晩御飯を作るべく、まどかのもとにやって来る。そんな関係がずっと続くと思っていたある日、蓮がなんの連絡もなくアプリを退会してしまい――。料理をきっかけに描かれるヒューマンドラマ。

ファンタジー

華奢な少女・エガオは、寄せ集めの荒くれ者集団のトップとして、そして最強の戦士として、身の丈を超える大鉈を振り回し、とある王国の平和の為に身を犠牲にして戦っていた。しかし、ある日彼女はとある罪でメドレーから追いだされてしまう。雨の降る路地裏で一人佇む彼女に、「腹減ってるか?」と話しかけたのは、鳥の巣のような頭をした男・カゲロウだった。「笑顔のないエガオ」と呼ばれた少女が、笑顔を浮かべるようになるまでを描く恋愛ファンタジー。
和食料理人の秋吉宏香は、店の買い出し帰りに轢き逃げに遭い、利き腕が動かなくなってしまった。生き甲斐だった料理人という職を諦めなければならなくなり、公園で途方に暮れる彼女の足元に突如謎の穴が開いたかと思うと、“神”を名乗る女が現れる。神は宏香の腕を治してみせると、「お礼に異世界でジビエ料理を広めてほしい」と言い、そのまま異世界へ転移させられてしまい⁉ 異世界×ジビエの異色ファンタジー‼
小学校5年生の阿久津ヒビコは転校初日、小学校の中へ入っていく女子高校生らしき人を見かける。足が透けている彼女を不思議に思って着いて行くと、彼女は家庭科室でヒビコの担任・珠子先生の中に入ってしまった。偶々そこに居合わせた天才料理少年・火花水斗と共に、ヒビコは様子がおかしい珠子先生の為に料理を作ることになる。出来上がった酢豚を食べるうち、珠子先生の中にいるのは幽霊だということが分かって――。除霊×ご飯×最強タッグ。異色の現代ファンタジー!

恋愛

大学一年生の時、「自分好みの料理が作れないから」という理由で恋人に振られた琴音は、それをずっと引きずったまま料理をすることから遠ざかっていた。そんなある日、腱鞘炎になってしまった母の代わりに、手作り味噌についての講習会に行った琴音はそこで、何かを作るということの楽しさを思い出していく。その日を契機に前を向き始めた琴音は、料理を通じて世界を広げていき――。手作り味噌と料理をテーマに描かれるラブストーリー。
環依里は、ある日自宅の扉の前に立つイケメンを発見する。それはまさに、大学を卒業して以来交流が途絶えていた幼馴染だった。人間関係に関してはこと察しが悪い変人な幼馴染だけど、彼はメディアに顔を出すほどの天才料理人で……。ひょんなことから一緒に住むことになった二人は、日々の生活の中で時に食事をともにしながら距離を縮めていく。変わり者のイケメン料理人と、そんな彼の理解者OL。幼馴染二人が繰り広げる、ドタバタラブコメディ。

青春

食べることが大好きな女子高校生・大島琴音は、女子人気の高い相手にばかり恋をしてはフられ、その度にやけ食いしている。その日もテニス部のマキノ先輩にフられ、焼き肉をやけ食いしていると、店に居合わせたぽっちゃり体系のクラスメイト・望月光太から「いい食べっぷりだけど、ちゃんと運動もしないとデブになるぞ」と、一番気にしていることを言われてしまう。それまで接点のなかった二人は、食べ物の相性だけは抜群で――? 高カロリーの赤い糸が繋ぐ、食べることが好きな二人の青春ラブコメディ。
“夢の木団地”に両親と暮らす田路まもりは、パティシエになることを夢見る女子高校生。そんな彼女は、団地で開かれる“夢の木まつり”というお祭りで、3日間に渡って行われる料理コンテストにお菓子を作って参加する。例年上位入賞こそすれ、逃し続けている優勝を目指すまもりだったが、その様子がニュースで放送され、大注目を浴びることに。様々な困難を乗り越えながら夢に向かって頑張るまもりと、彼女を支える個性豊かなキャラクターが魅力的な、スイーツと青春の物語。

BL

大手食品メーカーで働く海老沢凛人は、料理を作るのが得意だった。ある日、同期入社をしたものの転職した飯倉麦と偶然再会したことをきっかけに、凛人は飯倉と夕飯を共にすることになる。以前は優秀な飯倉を妬む気持ちもあり、彼をすこし苦手だと感じていた凛人だけど、いつの間にか、彼に料理を振る舞う時間が凛人にとって大切なものへと変わっていって――。一緒に料理を食べ、会話を重ねることで、次第に縮まっていく二人の距離。読めば温かい気持ちになるBL物語。
ある日、繕布里城下に宴で振る舞う菓子類を領地の職人から募るというお触れが出される。そんなお触れに盛り上がる城下で、代々菓子職人を営む『伍色屋』の若旦那・参梧は、行き倒れていた黒狐を拾った。店に狐を連れて帰った参梧だったが、目を離した隙に狐はいなくなり、後にはぞっとするほど美しい侍が残されるのみ。突然現れた侍は、参梧からお触れのことを聞くと、参梧に協力すると言い始め――。高飛車な侍とお人好しな菓子屋の若旦那による和風ファンタジーBL。

他の特集もどうぞ!

Rising Star[24/05/23]
特集 ほのぼの
Rising Star[24/05/09]
特集 リトライファンタジー
もっと見る