三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第166回「降りつもる」
スケジュール
・応募期間:2022年1月12日(水) 12:00:00 ~ 2022年2月13日(日) 27: 59: 59 ・最終結果発表:2022年4月上旬頃予定
賞
大賞(賞金3万円+選評)1作品 準大賞(賞金2万円+選評)1作品 入賞(賞金1万円+選評)1作品 佳作(選評)数作品   超短編賞(選評)  続きが読みたい賞(選評)  トンデモ賞(選評) ※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります。(収録を依頼する場合には、受賞者に別途、ご連絡させていただきます。) 短編小説シリーズ「5分シリーズ」 ※受賞作品はエブリスタ公式SNS等で配信・紹介等される可能性があります。  優秀作品(結果発表ページでご紹介)  ピックアップルーキー(結果発表ページでご紹介) ※大賞・準大賞・入賞作品を除く上位30作品を優秀作品として、結果発表ページでご紹介します。 ※上位30作品まであと一歩だった作品の中で応募期間終了日より3ヶ月以内に会員登録された新規作家の作品を、ピックアップルーキーとして数点、結果発表ページでご紹介させていただきます。
募集概要
新作限定!初心者大歓迎! たった100文字の妄想でも気軽に参加できちゃう短編コンテスト、第166弾です。 今回のテーマは、「降りつもる」です。 どこかに必ず「降りつもる」の要素が登場する妄想を投稿してください。
・記録的な積雪で交通機関がマヒしたのに、出社しろと言われた。思わず“会社が雪に埋もれないかな”と呟いたら……⁉ ・山奥で金の生る木を見つけたが、高すぎてとても登れない。だがある日、落ちた金が根本に降りつもっていた! ・友人を殺した。都合良く俺を利用するばかりのあいつに、気付けば友情よりも憎悪の方が高く降りつもっていたのだ。
雪が降りつもる季節。想いが降りつもるとも言いますが、雪も想いも、許容量を超えて積もれば大変なことになってしまうかも……? そんな「降りつもる」にまつわるあなたの妄想をお待ちしています!
応募要項
・本コンテストの応募期間内に新規公開された作品。 ・文字数は100文字(三行程度)~8000文字 ※制限文字数未満又は制限文字数を超えた作品は選考対象外となります。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。 ※連載中の作品の場合、応募期間終了時点での作品の完成度も含めて選考いたします。 ※エブリスタ内の公式コンテストや他サービス等に応募中、または過去に受賞したことのある作品はご応募いただけません。
メールアドレスの受信設定について
選評の送付や書籍化の打診は、エブリスタに登録されたメールアドレス宛にご連絡いたします。迷惑メール防止の為にドメイン指定受信の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがございますので、「@estar.jp」を受信できるよう設定して下さい。
応募の辞退について
応募期間中であれば、作品管理から応募の辞退が可能です。(操作手順はこちら) 締切後の応募辞退は原則として出来ませんので、ご応募の際はご注意ください。

次回予告

次回、妄想コンテスト第167回のテーマは「初めての○○」です。 本コンテストと平行する形で2022年1月26日(水)より開催予定です。 ※作品は次回の妄想コンテスト第167回の応募期間内に新規投稿してください。応募期間前に投稿した作品はご応募いただけませんので、ご注意ください。

コンテストの注意事項(必読)

超・妄想コンテスト