このコンテストは受付を終了しました

エブリスタ小説大賞2021 宝島社 この文庫がすごい大賞
 この度は、宝島社『この文庫がすごい!』大賞に多数ご応募頂き、誠にありがとうございました。エンターテインメントという広いジャンルでの賞だったことから、逆に応募していただけるかどうか不安でしたが、想像以上の作品数をご応募いただきました。編集部一同感謝しております。  皆さまの考える「面白い」小説を多数ぶつけていただいた結果、数多くの作品で尖った部分や見るべきポイントがあり、選考会でもどの部分をどういう風に生かすのか、ということを話し合う非常に熱のこもった会議となりました。  その中で今回は、以下の4作品を受賞作として選ばせていただきました。会議でもあげられた一言評も添えさせていただきます。 『コヨーテたちの時間』 ・「食べものと会話ができる」という探偵のキャラクター性が魅力的だった。 ・一見異質な能力のキャラクターを、物語をメタ的構造にすることで上手く落とし込んでいた。 『異形湿地帯』 ・新潟県阿賀野川流域というローカルな舞台から始まるディープなアクションが大迫力だった。 ・「エアボート」「アンボイナ貝」という聞き慣れないキーワードが物語を魅力的に彩っていた。 『ライアー・ナイト・パーティー』 ・主人公たちのキャラクター性や特殊な人間関係が魅力的に描かれていた。 ・設定が面白く、今回の注目キーワードにもぴったりだった。 『家物騙』 ・主人公とヒロインが抱える謎や枷、世界観設定に惹きつけられた。 ・一族に翻弄されている二人の幸せを、読み進めるほど応援したくなるような展開づくりがされていた。  総じて、その作品特有の惹きのある設定を持っており、キャラクターも魅力的に描かれております。今後、宝島社文庫で刊行予定ですので、ぜひとも楽しみにお待ちください。  最後に、応募いただいた皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました。 (宝島社 編集部)

最終候補

家物騙

4時間24分 (158,031文字)

優秀作品(最終候補以外)

3時間4分 (110,400文字)
・応募期間:2021年11月1日(月) 12:00:00 ~ 2022年1月31日(月) 27: 59: 59 ・中間発表:2022年4月予定 ・最終結果発表:2022年5月予定
※優秀作品は中間発表時点で公表されます。 ※必ず@estar.jpを受け取れるようにメールの設定をお願いいたします。
※性表現に関するポリシーに記載のある「レーティングマーク設定が必要な作品」に該当する作品を準備、応募される際は、必ずレーティングマーク設定をお願いします。 ※シリーズタグが設定されている作品は、第1話のみ応募いただければ、シリーズ全話が選考対象となります。 ※第三者の著者権その他の権利を侵害した作品(他の作品を模倣するなど)は判明した時点で応募が無効となります。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。 ※応募はお一人様3作品までとなります。 ※エブリスタ内の公式コンテストや他サービス等に応募中の作品はご応募いただけません。
注意事項
選評の送付や書籍化の打診は、エブリスタに登録されたメールアドレス宛にご連絡いたします。迷惑メール防止の為にドメイン指定受信の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがございますので、「@estar.jp」を受信できるよう設定して下さい。

コンテストの注意事項(必読)